StarOffice 6.0ベータレビュー

Sun MicrosystemsのStarSuite 6.0は、以前のバージョン5.2のように、インターネットからダウンロードしたときに費用がかからない、本格的なオフィススイートです。 StarSuiteは、高価なスイートのデータ共有、Webコラボレーション、および統合が欠けています。しかし、予算が限られている人にとっては、StarSuite 6.0は2002年4月または5月に最終形式で出荷される際には十分検討する価値があります。

StarSuite 6.0は、このベータ版で見たことに基づいて、ほとんどの日常業務を無料で処理できます。以前のバージョンの価格に基づいてCDやマニュアルを購入する場合は、約30ポンドex。VAT)。私たちは、Sunが統合の不具合の一部を解消すると、StarOffice 6.0はMicrosoft Officeにお金を稼ぐことができると予測しています。

StarOffice 6.0のダウンロードとインストールにはほんの数分しかかかりません(ベータ版のダウンロードファイルはわずか80MBです)。しかし、他のすべてのスイートと同じように、完全版には深刻なディスク容量が必要です。標準インストールには240MBが必要ですが、最小インストールには158MBが必要です(Microsoft Officeのデフォルトインストールには少なくとも210MB必要)。スペースを節約するために、カスタムインストールを選択して、スプレッドシートや描画モジュールなどのStarSuiteのアプリケーションの一部をスキップできます。

StarSuiteの複数のパーソナリティは、最終的に大部分のコンピュータユーザーが使用できるようにします。 Windows、Linux(カーネル2.2.14以上)、Solaris(Sun独自のOS)のバージョンはファイル形式を共有しているため、これらのOSを実行している人と文書を簡単にスワップすることができます。さらに、StarOfficeはWindows 95をサポートしていますが、Microsoft Office XPはもはや機能しません。最大の欠点は、StarOfficeにはまだMacintosh版がないことです。サンは、その行為を一緒にして、Macの所有者にMicrosoft Officeの代わりを与えるべきである。

幸いなことに、StarSuiteはほとんどのオフィススイートの基盤をカバーしています。ワードプロセッサ(Writer)、スプレッドシート(​​Calc)、プレゼンテーションプログラム(Impress)が付属しています。ただし、Microsoft Office、Lotus SmartSuite、またはCorel WordPerfect Officeとは異なり、StarSuiteベータ版にはデータベースは付属していません。代わりに、Sunには、アプリケーションとSQLデータベース、スプレッドシート、電子メールアドレス帳などの外部データソースとの間のコンジットとして機能するツールが含まれています。 MicrosoftのFrontPageに相当するWebページ作成ツールを探しても気にしないでください。

しかし、StarOfficeには、この限られたアプリケーションのリストでも、袖の上にいくつかきちんとしたトリックがあります。私たちのお気に入りはXMLベースのファイル形式です。これにより、小さなファイルサイズ(Wordで477KBになる200ページの文書はStarSuiteのXML形式でわずか135KBです)が作成されますが、スイートの異なるOSエディション間の文書共有の基礎にもなります。

この無料スイートには、バージョン5.2からいくつかの改良点が含まれています。ヘルプウィンドウは、以前のように新しいウィンドウではなく、現在のウィンドウに表示されるようになりましたが、アクセスと検索が容易になるように完全に再設計されました。 StarSuite 6.0はアジア言語(日本語と中国語を含む)をサポートしており、ファイル>送信コマンドを使用してアプリケーションから直接添付ファイルとして電子メールを送信し、ワンクリックでスイートのアプリケーションにアクセスできるようアイコンをタスクバーのシステムトレイに配置します。

しかし、自分自身をだましてはいけません。これはMicrosoft Office XPクローンではありません。 Redmondのスイートと比較して、StarOfficeは統合が難しく、Webをほとんど使用していません。たとえば、ワードプロセッサドキュメント内でスプレッドシートを作成することはできません(WordやExcelの場合と同じように)。代わりに、コピーされたセクションをCalcからWriterにドラッグアンドドロップする必要があります。また、StarOfficeを使って同僚と共同作業をしたり、Webを使って文書を共有しようと考えているなら、もう一度考えてみてください。

WriterとCalcはこのスイートの基盤であり、両方とも文書とスプレッドシートをそれぞれ手渡す堅実な仕事をしています。 6.0バージョンはいくつかの新機能を提供しています。そのほとんどは、Writerのテキストやテーブルにインデントを挿入する機能など、ずっと前に表示されていたはずです。

Writerは、文書を作成するなどの軽量から中規模のテキストタスク用にWordとよく似ており、高度なツールもいくつか用意されています。たとえば、あなたのスペルを自動的にチェックして修正するAutoCorrect、単語を完成させる気の利いたWordCompletion、複数列のレイアウト、HTMLとして保存する機能、手紙や封筒を扱うための差し込み印刷、書誌事項を作る。悲しいかな、Writerはまだマクロ作成者がいません – 重大な省略は、繰り返しの雑用をカスタマイズしたり、自動化することを事実上不可能にします。

Calcにも同様の欠点があります。 Microsoftのスプレッドシートの代わりに信頼できるものもありますが、いくつかのExcelの高度な機能が欠けています。これには、Webクエリ、Webテーブルからスプレッドシートにデータをインポートする機能、Webデータを最新の状態に保つAutoRepublishなどがあります。しかし、Calcは滑らかなチャート作成ウィザードを提供し、DataPilotは列や行を完全に再構成できるExcelのようなピボットテーブルツールです。

StarOfficeのスライドショーメーカーであるImpressは、PowerPointのベテランがソフトウェアを捨てることはしませんが、それ自体が滑らかなプレゼンテーションメーカーです。 50種類以上のスライドトランジションエフェクトを提供し、使いやすいウィザードで新しいプレゼンテーションを作成することができます。また、Webサイトに投稿するためにあなたのショーをHTMLにエクスポートすることもできます(非常に便利です)。また、プレゼンテーションを1つのファイルにパッケージ化して共有することもできます。

Sunは、StarOfficeとMicrosoft Officeファイル形式との互換性について大きな問題に取り組んでいます。オフィスは確立された標準であるため、それは賢明です。ただし、StarSuiteの翻訳精度はそれほど賢明ではありません。軽く書式設定されたWord文書や簡単なExcelスプレッドシートなどの単純な文書では、StarSuiteは通常マークになりますが、ベータ版ではWordで開いたWord文書とStarSuiteのWriterで開かれたWord文書の間に多少の差異が生じます。もっと複雑なものを与えてください。しばしば苦労します。 Writerのテーブル、2つの小さなチャート、フッター、最小限の見出しを持つWord文書を開いたとき、それは本物とはかなり違って見えました。空白のページがほとんどドキュメントに貼り付けられていて、テーブルはすべて独立したページ。最終版でこれらの問題が解決されることを願っています。

プレーンテキストよりも複雑な文書を扱う場合、Office所有者からの苦情を期待してください。マイクロソフトのファイル形式をより正確に翻訳する低コスト(コストなし)のスイートを探している場合は、CorelのWordPerfect Officeを検討してください。

多くの無料のアプリケーションで豊富なテクニカルサポートを期待していないことがわかっていますが、StarSuiteのサポートオプション(バージョン5.2で使用可能)は有料のプログラムよりも優れています。 Sunのオンラインサポートには、ディスカッションフォーラム、検索可能な問題/ソリューションデータベース、料金ベースの電子メールと電話によるサポートが含まれます。 StarOffice.com(Webサイト)(Sunに所属していない)などのさまざまなWebサイトでは、掲示板やツールも提供しています。

StarOffice 6.0のベータ版は、コミットされたOffice XPユーザーに切り替えの必要はありません。しかし、ゴールドコードが不具合を修正した場合、中小企業のオーナー、在宅事務所のユーザー、大学生はすぐにStarOffice 6.0をダウンロードする必要があります。

Microsoft Sprightly、First Take:スマートフォンに魅力的なコンテンツを作成する

Xplore Xslate D10、First Take:挑戦的な環境のための厳しいAndroidタブレット

Kobo Aura ONE、First Take:8GBの大容量電子書籍リーダー

Getac S410、First Take:タフで屋外にも快適な14インチノートパソコン