S’pore:来年の無料Wi-Fi

シンガポール島 – 島嶼国の住民は、来年、どこの国でも無料で無制限のWi-Fiサービスをほぼいつでも楽しむことができます。

シンガポールのリー・シェン・ロング首相が昨晩発表した新無線ブロードバンドサービスは、市街地やショッピングセンターなど公共の場で最大512キロビット/秒(Kbps)のアクセス速度を謳っている。

Wireless @ SGと呼ばれるこのサービスは、国のiN2015情報通信マスタープランの一部です。今年6月に正式に開始された10年間の青写真には、さまざまな業界セグメントにまたがる他の技術イニシアチブに加えて、1ギガビット/秒(1Gbps)を超えるインターネットアクセス速度を提供する全国的なブロードバンドバックボーンの展開も含まれています。

iCell Network、QMax Communications、SingTelの3つのローカル無線事業者は、2007年1月から2年間無料で提供される新しいWireless @ SGサービスを提供することを任されています。

このトリオは今後2年間でWireless @ SGを導入するために約1億シンガポールドル(約6億2000万米ドル)を投資する予定です。シンガポールのInfocomm Development Authority(IDA)は、セットアップ費用の3000万シンガポールドル(18.8百万シンガポールドル)まで「準備する」用意があると述べた。

IDAによれば、ユーザーは、3人のオペレータの既存の加入者であって、サービスを楽しむ必要はない。彼らはいずれかの企業にサインアップし、3つの事業者のネットワークに1つのアカウントでアクセスすることができます。

シンガポール人は既に個々のサービスプロバイダーが運営する無線ホットスポットへの便利なアクセスを提供しているが、Wireless @ SGプログラムは現在の900から約5000に国のホットスポットの数を5,000にするとIDAは述べている。

512Kbpsを超える帯域幅や高品質の接続オプションを望む人には、3人の事業者からプレミアムサービスに料金を払って申し込むオプションもあります。

このようなサービスには、プレミアムコンテンツ、ビデオ会議、ネットテレフォニー、オンラインゲーム、ロケーションベースのサービスなど、差別化された付加価値サービスがあります。これらの詳細については、IDAによると、今年末までに運営者が利用できるようになる予定です。

SingTelは、ブロードバンドTV、ショッピング・オファーや割引などの情報をユーザーに送信するロケーション・ベースのサービス、固定月額料金での無制限ネット・テレフォニー・コールなど、ワイヤレス・ホットスポットでプレミアム・サービスを提供する計画を発表した。

Leeは、「デジタル時代に進むにつれて、人口のすべての分野がテクノロジーにアクセスして恩恵を受ける機会を広げなければならず、すべてのシンガポール人にデジタル機会を創出し、社会のデジタル格差を許さないようにしなければならない。 ”

デジタル格付けを橋渡しするため、IDAは低所得者世帯、障害者および高齢者向けに、補助金をかけたコンピューターパッケージと情報通信トレーニングを提供する3つの新しいイニシアチブを発表しました。

Chorus、ニュージーランドのギガビットスピードブロードバンドを発表

テルストラ、エリクソン、ライブ4Gネットワ​​ークテストで1Gbpsの総合速度を達成

サムスンとTモバイルが5Gトライアルで協力

マイケル・デルがEMCとの契約を締結した。「数十年後には、

Telco、Telstra、Ericsson、ライブ4Gネットワ​​ークテストで1Gbpsの総合速度を達成、通信事業者、SamsungとT-Mobileが5G試用で共同、Cloud、Michael DellがEMC契約を締結: 「私たちは何十年にもわたって考えることができます