SingTelが$ 9.4MでHungryGoWhereを買収

シンガポール – シンガポールに本拠を置くGTW Holdingsの買収により1200万シンガポールドル(940万米ドル)でレストランレビューポータルHungryGoWhere.comを買収シンガポール取引所に提出された声明でSingTel GTWが完全子会社になると発表した。同社の事業はライフスタイルと地方の検索に焦点を当てたSingTelのサイトである別の子会社inSing.comと合併した;同社は「これらのトップライフスタイルサイトの組み合わせは、 SingTelは、HungryGoWhereとinSing.comのフードチャンネルを組み合わせることで、食品や料理店のデジタル・エキスパートになり、70%を超える人々にサービスを提供します。 SingTelは、外出はシンガポールの消費者の中でトップランクの活動であり、オンライン検索クエリの割合はレストラン関連であった。レストランのレビューポータルHungryGoWhere.comは、香港、マレーシア、ベトナム、カンボジア、オーストラリアにオンラインで新たなプレゼンスを持つシンガポールで人気のある食べ物ポータルです。

SingTelのシンガポール国家責任者、Allen Lew氏は、「SingTelの成長戦略の基礎は、消費者が日常生活の中で生活、仕事、遊びをする際に役立つデジタルソリューションを構築することです。 SingTelがSillicon Valleyモバイル広告のスタートアップAdJitsuの買収を発表したわずか2週間後に、最新の買収が発表されました。 SingTelのグループCEOであるChua Sook Koong氏は、2週間前の結果ブリーフィングで、電話会社がステークスを増やす機会を検討すると指摘していたが、これは3月に3億3,000万ドルで買収された米国のモバイル広告会社Amobee重要な機能を獲得するための戦略的投資を行い、隣接する業界の成長を促進し、グループの顧客関係を拡大する」と述べています。

クラウドコンピューティングの成長

GoogleがApigeeを6億2,500万ドルで買収

ラズベリーパイは1000万回の売り上げを記録し、「プレミアム」バンドルで賞賛します

アドビは、4年間の停滞後、NPAPI Flash for Linuxを再編

クラウドコンピューティングは1度に1つのAPIを成長させ、開発者はApigeeを6億2500万ドルで買収し、ハードウェアはラスベリーパイが1000万回の売上を上げ、プレミアムバンドルで賞賛し、セキュリティは4年間後にNPAPI FlashをLinux用に復活させるスタシス