SAPは3番目のERPアップデートでモジュール化

SAPはERP製品の第3の「強化パッケージ」をリリースしました。

このパッケージは、ソフトウェアを無料でアップグレードするためのもので、コアシステムを見直すことなく、新しい機能にアクセスするためにモジュールをダウンロードすることができます。

顧客は、完全なソフトウェアアップグレードに伴う可能性のある中断なく、システムを段階的にアップグレードすることもできる、とSAPは述べている。

このリリースには、約50の「エンタープライズ・サービス・バンドル」が含まれています。これは、公共部門の助成金や税金管理などの一般的な業界固有のビジネス・プロセスに対応するパッケージ化されたERPサービス・モジュール、および小売用の商品計画です。

サイモン・デール、SAPアジア・パシフィック、日本の上級副社長兼最高技術責任者(CTO)は、この4社の他の製品(CRM、PLM、SCM、SRM)製品。

最近の調査では、企業がより頻繁にアップグレードし、カスタマイズされたソフトウェアを避けることで、ERPの導入にかかるコストを節約できるとのITコンサルタントWest Traxの調査が行われました。

SAPは2006年に最初のソフトウェア「拡張パッケージ」を、2007年半ばには2番目のソフトウェアをリリースしました。この最新のパッケージは今年半ばまでに完全にリリースされるとSAPは述べている。

調査によると、SAP HANAは節約をもたらし、それはおそらく真実です

SAP、ビジネスウェアハウスのHANA専用バージョンを開始

SAP HANAイノベーションアワード受賞者発表

SAPは食品デジタル化、ビッグデータ会社であるVivandaに投資します

ビッグ・データ・アナリティクス、ビー・データ・アナリティクス、ビジネス・ウェアハウスのHANA専用バージョン、SAP、SAP HANAイノベーション・アワードの受賞者、ビッグ・データ・アナリティクス、SAPはVivandaに投資し、食品デジタル化、大企業