RSA Roundup:Oracleのデータベースファイアウォール、Juniper、Fortinet

RSAのセキュリティ対策が今週始まったため、複数のセキュリティベンダーが新しいソフトウェアと機器を発表しています。ここで簡単なまとめがあります

オラクル、クラウドベースの倉庫管理用のLogFireを取得

Oracle OpenWorldに目を向けよう

オラクルのデータベース12c R2:ブーム、バスト、またはmehアップグレードサイクル

「Oracle NetSuiteの合併中に利益を得ることを目指す中期的な市場の勢いを掴む

オラクルは、同社のOracle Database Firewallが利用可能であると述べた。ファイアウォールは、「SQL文法分析」を使用して、SQLインジェクション攻撃や情報を取得するためのその他の試みを防ぎます。 Oracle Database Firewallには、時刻、IPアドレス、アプリケーション、およびユーザーをマークする、ホワイトリストとブラックリストのポリシー、例外およびルールがあります。オラクルはファイアウォールをインラインまたはネットワークに導入できると述べています。オラクルによると、ファイアウォールはOracle Database 11g以下、IBM DB2、Microsoft SQL Server、Sybaseと連携して動作します。

ジュニパーネットワークスはプライベートクラウドとパブリッククラウドを展開するためのセキュリティゲートウェイ、vGWバーチャルゲートウェイとSRXシリーズサービスゲートウェイを統合したと発表しました。ジュニパーは12月にAltorを買収し、統合は物理的および仮想化された統合されたセキュリティの第一歩です。要するに、この統合されたアプローチにより、機器は仮想化された環境やクラウド環境、物理的な機器を認識することができ、Fortinetはデータセンター用の新しいセキュリティアプライアンスを発表しました。 FortiGate 3140Bは、小さな設置面積で高い防御力を必要とする大企業やデータセンター向けに設計されています。 FortiGate 3140Bは、58ギガビット/秒のファイアウォールパフォーマンス、10 Gbpsの侵入防御、22ギガビット/秒のVPNパフォーマンスを備えています。このアプライアンスは、データセンター内の2ラックユニット用に設計されています。

ビッグデータ分析、Oracleは、クラウドベースの倉庫管理用のLogFire、エンタープライズソフトウェア、アイ・オブ・オアアール・オープンワールド:エンタープライズソフトウェア、エンタープライズソフトウェア、Oracleデータベース12c R2:ブーム、バスト、またはメッシュアップグレードサイクル、クラウド、市場の勢いは、Oracle-NetSuiteの合併中に獲得することを目指す