OracleのUnbreakable Enterprise Kernel 2は、Linux 3.0カーネル、btrfs

オラクルは、最近リリースされたLinux 3.0カーネルお​​よびbtrfsファイル・システムを組み込んだOracle Linux用Unbreakable Enterprise Kernelの新バージョンを正式にリリースしました。

Unbreakable Linux 2は、2010年10月からOracleのLinuxディストリビューションの2番目のメジャーアップデートで、Linux ContainersとSunが開発したDTraceの技術プレビューも提供していますが、これらの機能はまだ商業的にはサポートされていません。 Dtraceは別のダウンロードです。

エンタープライズ・カーネル・リリース2は、今日のすべてのOracle Linux加入者に提供され、Oracle Linux 5および6に含まれています。

簡単なインタビューで、Oracleの幹部は、Oracle Linuxの標準であるBtrfsは、最大16エクサバイトのデータ・ストアをサポートし、ソリッド・ステート・ディスクに最適化され、データの完全性を取り入れ、管理が簡単であると述べています。

Linux製品管理&ビジネス開発担当副社長であるSergio Leunissen氏は、メインライン・カーネルへの移行は、パフォーマンス、スケーラビリティの強化、メモリ/リソース管理と仮想化機能の向上を顧客に提供すると述べています。

Oracleはもちろん大手データベースベンダーであり、独自のカーネルをExalogicソフトウェアにもデータベースアプライアンスにも組み込んでおり、大規模なストレージシステムではこれが重要であると指摘していますext3やext4よりもずっと現代的なファイルシステムです…それは非常に大容量のストレージシステムを管理し、世界が動いている場所に適応することができます。

エンタープライズ・カーネル2は、2ソケットとオラクルの最も強力な8ソケット・システムでテストされ、Intelシステム上で最高の性能を発揮すると発表した。

オラクルは、DTraceの動的トレース機能とLinuxコンテナが技術プレビューからプロダクション・モードに移行する時期については言及していませんでした。オラクルはXenオープンソースのハイパーバイザーを長く支持しており、将来的にはいつでもLinuxコンテナで仮想化を組み込む予定です」

Xenハイパーバイザを完全にサポートするUnbreakable Enterprise Kernel R2カーネルイメージは、ハードウェア仮想化モードと準仮想化モードの両方で動作するために使用できます」と同社の声明によると、

オラクルは、2つのLinuxディストリビューション・リーダーならびに最新の主要なLinuxカーネル・リリースに匹敵するように努めています。

SUSEは最近、Linuxコンテナとbtrfsサポートを含むLinuxカーネル3.0を組み込んだディストリビューションの大幅なアップグレードを発表しました。

さらに、オラクルは最近、Oracle Linuxのエンタープライズ・サポートを8年間から10年間に延長したと発表しました。これは、Red Hatによる最近の動きと近似しています。

ビッグデータ分析、Oracleは、クラウドベースの倉庫管理用のLogFire、エンタープライズソフトウェア、アイ・オブ・オアアール・オープンワールド:エンタープライズソフトウェア、エンタープライズソフトウェア、Oracleデータベース12c R2:ブーム、バスト、またはメッシュアップグレードサイクル、クラウド、市場の勢いは、Oracle-NetSuiteの合併中に獲得することを目指す

オラクルは、Red Hat互換のカーネルを使用して、2006年に初めてLinuxディストリビューション市場に参入しました。 2010年に、Red Hat互換のカーネルを補完する独自のEnterprise Kernel Release 1をリリースしました。

また、オラクル社は最近、買収したKsplice技術を30日間の無料トライアル・ベースでRed Hatユーザーに提供することを発表しました。 Kspliceは、お客様がリブートせずにLinuxシステムをアップデートできるようにします。

Oracleは7月にKSpliceを購入し、9月に商用利用可能と発表しました。

オラクル、クラウドベースの倉庫管理用のLogFireを取得

Oracle OpenWorldに目を向けよう

オラクルのデータベース12c R2:ブーム、バスト、またはmehアップグレードサイクル

「Oracle NetSuiteの合併中に利益を得ることを目指す中期的な市場の勢いを掴む