OpenTextはオーストラリアのデータセンターを開くために100万ドルを投資

TelstraとComputershareは、シドニーに拠点を置くデータセンターへの投資を発表したOpenTextに続く、データ主権とデータ近接に関する問題をもはや処理する必要のないオーストラリア企業の一員になるだろう。

新しい施設は1月に委託され、エンタープライズ情報を安全に管理、交換、社会化するためのさまざまなエンタープライズクラスのクラウドコンピューティングサービスとアプリケーションを提供します。これには、マネージドホスティングサービス、エンタープライズコンテンツ管理、デジタル資産管理ソリューションが含まれます。

OpenTextのイノベーションデーで、OpenTextのCIO、Patrick Harperは、オーストラリアの最初のデータセンターは、OpenTextのクラウド環境でホストされているデータが「国内」のままであることを意味します。

「エンタープライズ・データ管理のための環境をホストしているとき、またはクライアントのためにクラウド・ベースのサービスを処理しているとき、そしてデータ主権、データ近接性、データ・セキュリティが必要な時代のニーズがますます高まっています。それがコンプライアンス戦略の鍵であるからです。

データセンターは、データを保持したくないがネットワークを介してデータをやりとりする顧客に、地元の通信サービスと接続を提供するためにも使用されます。

OpenTextのANZ Kevin Hayesのセールス担当副社長は、クラウドへの移行を望んでいる多くの地元企業の顧客はいるものの、過去にデータ主権を提供できないことでそれが制限されていると主張し続けました。

「われわれは、クラウド戦略を実行している現地企業から、実際の価値を付加できるようなリソースに対する柔軟性のあるソリューションを確実に提供しているため、より多くの関心を集めている」

先月のOpenTextの買収は、先月GXS Group(ビジネス・ツー・ビジネスクラウド統合サービスプロバイダー)の買収に続いて行われた。 Harper氏は、「2020年までのリードでは、デバイスの通信がデジタル混乱を引き起こす要件と認識しているため、GXSを長年にわたって成長させて、デバイスとデバイスの通信をより多くサポートする計画がある」と述べました。

OpenTextのオーストラリアのデータセンターへの投資は、米国とヨーロッパの既存の9つのデータセンターを補完します。 Harper氏は、今後3年間で、データセンターのインフラストラクチャに4000万ドルを超える投資を計画していると述べた。

クラウドコンピューティングの成長

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

Twilio、新しいエンタープライズプランを発表

インテル、エリクソン、メディア業界に注力するためのパートナーシップを拡大

クラウド;クラウドコンピューティングは一度に1つのAPI、エンタープライズソフトウェア、甘いSUSE! HPはLinuxディストリビューションを曇らせる、クラウド、Twilioは新しいエンタープライズプランをより敏捷性を約束する、クラウド、Intel、Ericssonがパートナーシップを拡大してメディア業界に注力