Nvidia、2000万ドルのDARPA契約

チップメーカーNvidiaは、自律型車両のセンサから収集したデータを処理するために使用できるエンベデッドプロセッサを開発するために、2000万ドルの国防総省先進研究プロジェクト庁(DARPA)契約を受注しました。

組込みコンピューティング技術(PERFECT)プログラムのためのDARPAの電力効率革命の一環として授与された5年契約は、現在の組み込みシステムの75倍の処理能力を持つプロセッサの開発を目標としています。これらのプロセッサは、リアルタイムの監視分析を可能にするために、自律的な航空機および地上の車両の中に入り込むでしょう。

既存のエンベデッド・プロセッサは、1ワットあたり約1ギガフロップの性能を提供することができます。 Project Ospreyと呼ばれるNvidiaプログラムは、現在の28ナノメートル技術の4倍の7ナノメートルアーキテクチャーに基づくプロセッサーにつながる、電力効率の良いアーキテクチャーとプログラミングシステムの開発を目指す予定です。ギガフロップ/ワット。

このプログラムで開発された技術は、組込みシステムの能力を変え、自律型車両をより実用的かつインテリジェントにすることができます」とNvidiaアーキテクチャーのシニアディレクターSteve Keckler氏は語っています。アプリケーション。

この研究は、ユタ大学とバージニア大学の学者とともに行われます。

インテル、4K UHDを大衆に押しつける第7世代プロセッサを発表

ビジョンとニューラルネットがより強力なチップの需要を押し上げる

NVIDIA、仮想GPU監視、分析を開始

AMD、IntelとZenの優位性を打ち消す

プロセッサー、4K UHDを普及させる第7世代プロセッサーを発表、プロセッサー、ビジョンとニューラルネットがより強力なチップの需要を押し上げるデータセンター、NVIDIAはバーチャルGPUの監視、分析、ハードウェア、IntelはZen