NetApp、Zaloniと提携しているデータ湖の中間層システムを開始

NetAppは、木曜日にSANtricityストレージソフトウェアの新バージョンと、中規模企業向けのエントリーレベルオールフラッシュアレイを発表しました。

この動きは、中堅企業を訴える技術ベンダーが集まっている中で起こっている。 NetAppの上級ディレクター、Mike McNamara氏は、NetApp E2800システムは分析とデータ・レイク管理向けに設計されていると述べています。

データ湖は、企業が洞察を抽出できるように、データを1か所に配置することを目指すシステムです。通常、データ・レーキは大規模なデータ・プロジェクトの大企業で使用されていましたが、McNamaraはアプローチが中小企業に向けて進んでいると述べています。

またNetAppは、企業がHadoop、NoSQL、Splunkのようなツールを使用しているため、情報湖沼管理を専門とするZaloniと提携して情報ライフサイクルを管理しています。

SANtricityは、SANtricity System Managerとともにブラウザーを介して管理されます。 Eシリーズシステムは、ZaloniのBedrockソフトウェアでデータレイクを処理することも検証されています。 「データ湖は企業で始​​まったが、中堅企業はより多くの利益を生み出し始めている」とMcNamara氏。

マイケル・デルがEMCとの契約を締結した。「数十年後には、

Dell Technologiesがリフトオフする:ここでは、Dell、EMC、エンタープライズビジネスの群れが結合

FacebookのオープンソースZstandardのデータ圧縮アルゴリズム、Zipの背後にある技術を置き換えることを目指す

アップルの二要素認証は頑丈で遅い

クラウド、マイケルデル、EMCとの契約を締結:「数十年後に考えることができる、データセンター、デルテクノロジーズがリフトオフする:Dell、EMC、エンタープライズ企業が集結したものとして見守るべきもの」ストレージ、FacebookオープンソースZstandardデータ圧縮アルゴリズム、 Zipの背後にあるテクノロジーを置き換えることを目指すApple、Appleの二要素認証はぎこちなく遅い