Microsoft Office Web Appsの名前を「Office Online」に変更する

「SkyDrive」クラウドストレージサービスを「OneDrive」に改称すると、マイクロソフトは関連するブランディングと発見可能性の変更を追加する予定です。

クラウド;クラウドコンピューティングは一度に1つのAPI、エンタープライズソフトウェア、甘いSUSE! HPはLinuxディストリビューションを曇らせる、クラウド、Twilioは新しいエンタープライズプランをより敏捷性を約束する、クラウド、Intel、Ericssonがパートナーシップを拡大してメディア業界に注力

現在、「Office Web Apps」と呼ばれるMicrosoft Office Officeアプリケーションの無料版Webified版を使用する消費者は、SkyDriveにアクセスして「作成」タブをクリックしてWord Web Appを検索する必要があります、Excel Web App、PowerPoint Web App、およびOneNote Web Appなどがあります。それはどんなストレッチでも直感的ではありません。

(そして、はい、Office 365の購読者にとっては、現在Office Web Appsにアクセスして作成する他の方法があることがわかりますが、主に消費者向けのこの記事に集中しています)。

SkyDriveとOutlook.comの内部からOffice Web Appsを今日よりも簡単に見つけられるようにするのは意味がありませんか?マイクロソフト社はこれに就いていますが、 “Office Web Apps”というモニカではなく、実際に何を反映してブランド化し直すべきですか?

このアイドルな投機がアイドル以上のものになる可能性はかなり高いです。 livesino.netの創設者であるYan Zhu氏は、この種の再配置が既に行われているかどうか疑問に思ういくつかのスクリーンショットを私に教えてくれました。

マイクロソフトでは、Office Web AppsをOffice Onlineとして改称する予定で、個別のアプリケーションをWord Online、Excel Online、PowerPoint Online、OneNote Onlineに名前を変更している可能性があります。

“Word Online”スクリーンショット(上記のこの記事に埋め込まれています)は、Zhuのショットの1つです。もう1つ、「Office Online

もう1つは、新しいOffice Onlineテンプレートが登場する可能性があるということです

先週、マイクロソフトの関係者は少しブログを貼りましたが、Office Web Appsへのナビゲーションの変更のいくつかがありました。元のマイクロソフトの記事には、ユーザーがOffice Web Appsを簡単に見つけることができるように設計されたOutlook.comとSkyDriveのヘッダーにSoftiesが行った変更に関する情報が含まれていました。何らかの理由で、Microsoftは1月23日のブログ記事からこれらのヘッダーに加えられた変更についてその言葉を削除したようだ。

新しいヘッダーはこのように見えるだろう

マイクロソフトはこのような問題を解決したにもかかわらず、これらの変更は途中であると考えられており、Office Onlineのアプリケーションを簡単に発見することができます。

マイクロソフトの役員は2007年に同社のOffice Onlineサイトを再ブランド化し、再配置する意向を発表した。最近、Office.comは、Office加入者がサインインできる場所であり、MicrosoftがOffice 365、ローカルにインストール可能なOfficeクライアントおよびサーバーアプリケーション、テンプレートおよびOfficeストアアプリケーションのリポジトリを宣伝する場所でもあります。

個人的には、Office Web AppsへのOffice Onlineブランディングが好きです。また、無料のブラウザベースのOfficeアプリケーションを見つけやすく使いやすくするためにMicrosoftができることは、私の本では歓迎されるだろう。

私はMicrosoftの役人に、Office Web Appsのリブランドとリポジショニングが機能しているかどうかについてのコメントを求め、スポークスパーソンを介して「共有するものはない」と話しました。

クラウドコンピューティングの成長

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

Twilio、新しいエンタープライズプランを発表

インテル、エリクソン、メディア業界に注力するためのパートナーシップを拡大