Microsoft Dynamics NAV 2013デビュー、Azureのホスティングを約束

Microsoftは10月1日、中小企業向けDynamics NAV 2013 ERPリリースの一般的なリリースを発表しました。

クラウド;クラウドコンピューティングは一度に1つのAPI、エンタープライズソフトウェア、甘いSUSE! HPはLinuxディストリビューションを曇らせる、クラウド、Twilioは新しいエンタープライズプランをより敏捷性を約束する、クラウド、Intel、Ericssonがパートナーシップを拡大してメディア業界に注力

Microsoftが提供する4つのERP製品の1つであるDynamics NAV 2013は、MicrosoftのWindows Azureクラウドオペレーティングシステムでホストされる4人のうちの最初の企業となる予定です。しかし、結局のところ、NAV 2013はマイクロソフトの雲の中ですぐにゲートから出ることはないだろう。

Microsoftの新しい計画は、2013年の第1四半期にある程度AzureでNAV 2013を利用できるようにすることだと、広報担当者は確信している。 Azureでホストされると、同製品はMicrosoftのオリジナル計画に従ってNAV 2013パートナーを通じて販売される予定だという。 MicrosoftがAzureにホストされているNAV 2013を顧客自身に直接提供する時期と時期については、日付も公式な約束もないと同スポークスマンは付け加えた。

これまでMicrosoftの役員であるDynamics GP 2013(2013年12月に一般公開予定)、第2のAzureホストERP製品マイクロソフトの関係者は、これが実現するかどうかは100%保証されていないように思えますが、今のところパートナーがAzureでホストされているバージョンのGP 2013を入手できるようにすることを計画中だと言います。

マイクロソフトの関係者は、NAV 2013でアズールホスティングの遅れにつながった原因について詳細を共有していません。私がこれについてのさらなる背景を尋ねたとき、私は広報担当者から次の声明を受け取りました

「Microsoft Dynamics NAV 2013は、パートナーが提供するサービスを通じて、オンプレミスとクラウドの両方で利用できます。新しいバージョンでは、クラウドにNAVを導入して使用する素晴らしい顧客とパートナーの経験を確実にするために、製品の「ホスト可能性」に多額の投資を行っています。現在、Windows AzureにNAVを展開するための展開シナリオの微調整と規範的なガイダンスの作成を行い、Windows Azure上でのMicrosoft Dynamics NAVの展開をCY2013の第1四半期に広く行う予定です。

「ホスト可能性」の向上は、NAV 2013リリースの新機能の1つに過ぎません。最新のリリースでは、クエリとチャートの改善、より細かいロールテーラーの機能、総勘定元帳の柔軟性の向上、MicrosoftのSharePointとOneNoteのメモ取り製品との統合、Webクライアント/ broserサポートの拡張も含まれています。

マイクロソフトの壮大なERP計画は、自社のDynamicsビジネスのCRM側ですでに進めている、同社のERP側で同じモデルを採用することです。今年、Microsoftは社内とクラウドに同時にNAV 2013リリースを展開しています。今年後半には、将来のDynamics ERPリリースがクラウドファーストになる予定です。 Dynamics CRMの場合のように、マイクロソフトでは、社内でもクラウドでも利用できるようになると、ERPプラットフォームの年に2回の主要な更新を行う予定です。

クラウドコンピューティングの成長

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

Twilio、新しいエンタープライズプランを発表

インテル、エリクソン、メディア業界に注力するためのパートナーシップを拡大