Microsoft Azureコンテナサービスが一般に利用可能になりました

マイクロソフトのAzureコンテナサービスは、Microsoftのクラウド上のコンテナの展開と管理のために設計されたもので、現在4月19日現在一般に入手可能です。

クラウド;クラウドコンピューティングは一度に1つのAPI、エンタープライズソフトウェア、甘いSUSE! HPはLinuxディストリビューションを曇らせる、クラウド、Twilioは新しいエンタープライズプランをより敏捷性を約束する、クラウド、Intel、Ericssonがパートナーシップを拡大してメディア業界に注力

Azure Container Service(ACS)を使用すると、開発者はApache MesosまたはDocker Swarmを使用してアプリケーションを調整できます。 Microsoftは、ACSを使用してコード変更なしでAzureとの間でコンテナのワークロードを移行することも可能としているという。

ACSでは、コンテナ化されたアプリケーションを実行するために事前構成された仮想マシンのクラスタを作成、構成、および管理することができます。

Microsoftは2015年9月にACSを発表し、昨年末までにACSの公開プレビューをテスターに​​公開しました。

ACSの価格情報は、MicrosoftのAzureサイトで入手できます。

Mesosphereは3600万ドルの新規資金調達を発表したばかりでなく、単一のマシンのようにデータセンター全体にリソースをプールするように設計されたDCOSプラットフォームから抜け出しました。

関連ニュースでは、Microsoftは4月19日、新しいDC / OSオープンソースプロジェクトに参加しました.DC / OSはMesosphereのオープンソースのDC / OSデータセンターオペレーティングシステムで、Dockerなどのコンテナを使用して複雑な分散型コンテナアプリケーションを実行するために使用できますフォーマット。 DC / OSプロジェクトの他の企業メンバーには、Accenture、Cisco、Hewlett Packard Enterpriseが含まれます。

クラウドコンピューティングの成長

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

Twilio、新しいエンタープライズプランを発表

インテル、エリクソン、メディア業界に注力するためのパートナーシップを拡大