Microsoftは1月29日に商用オフィスを商業的に開始する

それはついに公式です。 Microsoftは1月29日にOffice 2013の新しいOfficeを立ち上げている。

今日のデジタルワークプレイスの構成原理は何ですか?エンタープライズソフトウェア、AppleがiWorkコラボレーション機能を提供する、コラボレーション、MicrosoftがSkypeのチームコラボレーション機能を強化してスラックを取る、モビリティ、ブラジル政府がWazeを禁止する可能性

1月29日が噂になっているという噂もあり、最新バージョンのOfficeは一般的に小売りチャネルを介して入手できるという噂がありました。しかし、Officeチームのツイートと、Winbeta.orgで見た#Timeto365キャンペーン/ハッシュタグのおかげで、Microsoftは火曜日にニューヨークのブライアント・パークで新しいオフィスを「立ち上げる」ことを知っている。 (ヘッドアップのおかげで、みんな!幸いにも、私は徒歩圏内に住んでいます。)

Microsoftは、2012年10月11日にOffice 2013を製造にリリースしました。MSは、昨年末までに、MSDNおよびTechNetの加入者、ボリュームライセンスのお客様に利用可能な最後のビットを提供しました。最近、マイクロソフトは、ソフトウェア使用許諾を取得した大規模なライセンシーにOffice 2003の最終版の10ドルを提供し、自宅使用プログラムの一部として提供しました。

マイクロソフトの関係者は、レッドモンドが2013年の第1四半期に最終的なビットを商業的に入手できるように計画していることを2,3ヶ月間語っている。

マイクロソフトは既に、Office 2013 SKUの一部を取り除いている。同社は、(紛らわしい)Office 365 Home Premiumという名前の新しいサブスクリプション中心のOfficeを推進する予定である。私は、他のOffice 365 SKUとは異なり、ホームプレミアムバージョンはマイクロソフトが主催するOfficeバージョンではないため、紛らわしいと言います。代わりに、ダウンロード可能でローカルにインストール可能なOffice 2013製品のバージョンで、毎月または毎月の「レンタル」料金が請求されます。そのサブスクリプション料金では、最大5台のPCとMacにOffice 2013および/またはOffice for Mac 2011 SKUをインストールする権利があります。 (Mac 2011用のOfficeの後継版では何が起こっているのかについてはまだ新しい言葉はありません。)

マイクロソフトの関係者はまた、「本物の」Office 365アップデートは、クライアントの起動時に利用可能になるはずだと言っている。マイクロソフトの役員は、過去数週間、同社の代理店/インテグレータパートナーをOffice 365リフレッシュ用に準備しています。

2012年12月に新オフィスの展開状況を尋ねたところ、私は企業広報担当者に次のように語った。「新しいOffice 365 SKUは2013年の第1四半期まで購入できません。 Office 365 Enterpriseの顧客は最新の情報を入手することができましたが、Microsoftの定期的なサービスアップデートの一環として、2012年10月から一般的な可用性を継続しています。

ここでは、新しいOffice 2013とOffice 365のパッケージと価格に関する情報、これまでマイクロソフトがパートナーと共有してきたものを紹介します。 Office 365 Home Premiumの料金は1ユーザーあたり月額8.33ドル(年間で約100ドル)です。Office 2013 Home&Studentの料金は139ドル、1台のPCで1回の購入と使用、Home&Business 2013の費用は219ドル;単一のPCで使用するためのもの。

今日のデジタルワークプレイスの構成原理は何ですか?

アップル、iWorkコラボレーション機能を提供

MicrosoftがSkypeのチームコラボレーション機能を強化してSlack

ブラジル政府がWazeを禁止する可能性