Microsoftは年末までに新しいOffice 365 E5計画を展開する

マイクロソフトはOffice 365バージョンのいずれかを廃止し、2015カレンダーの終了前に更新されたSKUに置き換えます。

Office 365

クラウド;クラウドコンピューティングは一度に1つのAPI、エンタープライズソフトウェア、甘いSUSE! HPはLinuxディストリビューションを曇らせる、クラウド、Twilioは新しいエンタープライズプランをより敏捷性を約束する、クラウド、Intel、Ericssonがパートナーシップを拡大してメディア業界に注力

Office 365 E5 SKUは、現在のE4バージョンを置き換える予定で、7月13日に職員が語った。Office 365 E5 SKUには、Cloud PBXやMeeting Broadcastなどの機能をサポートするSkype for Business(Lync)、Power BIなどの新しい分析機能Pro and Delve Organizational Analytics、eDiscovery、Customer Lockbox、Data Loss Protection、Safe Attachmentsなどの新しい高度なセキュリティ機能を提供します。

Office 365 E4は、ユーザーあたり月額22ドルで販売されています。これにはSkype for Businessとエンタープライズボイス、ユニファイドメッセージング、ローカルでダウンロード可能なOfficeアプリケーション、Office 365用のPower BI(Power BI proに置き換えられている)が含まれます。

マイクロソフトでは、PSTN会議やPSTN通話によるクラウドPBXなど、Office 365ユーザー向けに3種類のSkype for Businessサービスのテストを開始しました。新しいSkype for Businessサービスは、カレンダー2015の終わりまで一般に利用可能になる予定です。

マイクロソフトの関係者は、最近、同社が7月25日からPower BIサービスのアップデートバージョンを利用できると発表した。このPower BI “2.0”リリースには、新しいPower BI Proサービスが含まれている。

最近、Office 365 ProPlusの購読者のためにMicrosoftが行ったことは何ですか?新しいマイクロソフトのブログ記事は、そのまさに質問に対する答えを提供しています。

E5が利用可能になると、E4は廃止されます。まったく新しい顧客は、クラウドPBXおよびPSTN機能を実現するために、アップグレードを利用してE5またはE1とE3の組み合わせを購入することができます。既存のE4顧客には、E5またはE3とCloud PBXのどちらかを選択するオプションが用意されています。ライセンス・ポジションを維持したいお客様は、E3とSkype for Business Plusクライアント・アクセス・ライセンス(CAL)に更新することができます。

既存のOffice 365顧客は、現在の顧客との差額を請求するステップアップSKUを介してE5にアップグレードすることができ、E5のステップアップ価格としてE5を使用することができます。アドオンSKUは、ソフトウェアアシュアランスでオンプレミスライセンスを維持しているお客様にも提供されます。

マイクロソフトの役員は、来るべきE5 SKUの価格を公開していない。

クラウドコンピューティングの成長

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

Twilio、新しいエンタープライズプランを発表

インテル、エリクソン、メディア業界に注力するためのパートナーシップを拡大