Microsoftは、OneDriveのロードマップの日付、詳細

2015年1月、Microsoftの関係者は、OneDriveコンシューマーとOneDrive for Businessクラウドストレージサービスを統合するための1年間のロードマップについて説明しました。

クラウド;クラウドコンピューティングは一度に1つのAPI、エンタープライズソフトウェア、甘いSUSE! HPはLinuxディストリビューションを曇らせる、クラウド、Twilioは新しいエンタープライズプランをより敏捷性を約束する、クラウド、Intel、Ericssonがパートナーシップを拡大してメディア業界に注力

今週シカゴで開催されたMicrosoft Igniteカンファレンスでは、同社のOneDrive計画と成果物に関する詳細が記されています。

Microsoftの幹部は1月、今年末までに、OneDriveの両方のバージョンが単一の同期エンジンを共有すると発表しました。このエンジンは、すべてのプラットフォームで共有フォルダを同期できるようになるが、5月8日に明らかになった広報担当者は、選択同期を扱うことはできないと語った。

管理職はまた、共有フォルダとサイドバイサイドの消費者/ビジネスアカウントのサポートがWindows 10の最初のリリースになると期待していました。廃止されたプレースホルダー機能の代わりに、1月に戻って、カレンダー2015では、Windows 10が製造にリリースされてからしばらく時間がかかることを意味しています(マイクロソフトの役員は未だ公表していませんが7月下旬に予定されています)。

SANは最大化されましたか?安価なエンタープライズクラウドストレージの市場では?情報に基づいた決定を下すのに役立つスキニーがあります。

今週、マイクロソフトは更新された、より詳細なOneDriveロードマップを提供しました。

新しいロードマップによると、この暦四半期に、MicrosoftはAndroidとiOS用の新しいモバイルPDF機能を追加し、OneDrive for Business for Outlook Web Access機能を追加します。

2015年第3四半期に、MicrosoftはWindowsとMac用の共有OneDriveコンシューマー/ OneDrive for Business同期クライアントの最初のプレビューを提供します。また、MicrosoftはQ’4で、共有OneDrive同期クライアントWindowsおよびMac用。また、OneDriveコンシューマーとOneDrive for Businessの両方をサポートするWindows 10 Universal OneDriveアプリを提供するために活用しています。

Microsoftの広報担当者によると、ユーザーがオフラインにしたいフォルダを選択する機能は、次世代のOneDrive同期クライアント(プレビュー用のQ’3、一般のQ&

この同期クライアントには、オフラインファイルを読み取り専用モードで表示する機能も含まれます.WindowsウォッチャーのPaul Thurrott氏のように、プレースホルダの代わりに見えるオフラインの読み取り専用ファイル機能です。 Microsoftは、このオフラインファイル機能にファイル編集サポートを追加する予定です。

更新:Microsoftの広報担当者は、プレースホルダーの置き換えは、オフラインファイルアクセスとは関係がないと述べた。

マイクロソフトはまた、開発者向けにOneDriveのロードマップを更新しました。そのバージョンのロードマップを示すスライドがあります

OneDriveの今後の詳細については、Igniteの「OneDrive for Business with Future」セッション(録画ビデオ形式で入手可能)を参照してください。

アップデート(5月8日):マイクロソフトは、OneDriveのOneDriveに関するセッションをまとめたブログ記事をリリースしました.Windows 7,8および10で統一されたOneDriveクライアントが動作することに気付きました(「8.1ではなく、8.1ユーザーであれば、 Windows 10へのアップグレード」を参照)。ポストノートでは、「新しいクライアントは、ビジネスユーザーにとって、選択同期(すなわち、ユーザーがオフラインにしたいフォルダを決定する機能)という、ナンバーワンの要求された機能をビジネスユーザーに提供します。

クラウドコンピューティングの成長

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

Twilio、新しいエンタープライズプランを発表

インテル、エリクソン、メディア業界に注力するためのパートナーシップを拡大