MicrosoftのOffice 2016:9月22日に開始する新しいルール

最近の漏えいを考えると大きな驚きはないが、Microsoftの関係者は、Windows用のOffice 2016の公開が9月22日に始まることを確認している。

エンタープライズソフトウェア、?TechnologyOneは、農業、共同作業、現在のデジタルワークプレイスの構成原理とは何か、企業ソフトウェア、Sweet SUSE! HPEはLinuxディストリビューション、Enterpriseソフトウェア、Appleが9月13日にiOS 10をリリース、macOS Sierraを9月20日にリリース

9月22日は、次期バージョンのOffice for Windowsデスクトップが一般に利用可能になる日付です。 Office 365 PersonalとHomeユーザーは、9月22日にWindows用のOffice 2016アプリケーションをOffice.comから手動でインストールすることができます。マイクロソフトは2015年10月に新しいOffice 2016アプリケーションの自動アップデートを開始する予定です。ボリュームライセンス契約を結んでいるユーザーは、10月1日からボリュームライセンスセンターからOffice 2016をダウンロードできます。

Windowsデスクトップ用のOffice 2016は、OfficeアプリケーションのフルセットとOffice 2013の後継バージョンです.Microsoftは、3月にWindows用のOffice 2016のIT /プロプレビューを公開し、2015年5月に公開プレビューを公開しました。 7,8,10台のPC、ラップトップ、タブレットなどがあります。

公開の一環として、MicrosoftはOffice更新モデルにいくつか変更を加えています。

Office 365 ProPlusサブスクリプションをご利用のお客様は、毎月機能やセキュリティのアップデートを毎月受けることができます。マイクロソフトでは、Windows 10の帳面から1ページを取り出し、この月に更新されたリリースを「現在の支店」と呼びます。 9月10日のブログ記事(Microsoftの公開計画を説明している)によれば、現在の支店の次のリリースは9月22日で、新しいOffice 2016アプリケーションのすべてのアップデートが含まれます。

また、Office 365 Pro Plusの新しいビジネスアップデート用ブランチオプションも用意されています。これは、テスト目的でOfficeに新しいバージョンや更新プログラムを展開する前に数か月待つことを好むビジネス顧客やITプロフェッショナルのためのものです。

マイクロソフトは、Mac OS 10.10ユーザー用に更新されたOfficeスイートであるMac用Office 2016の公開プレビューを、今夏にリリースする予定です。

マイクロソフトの新しいWindows用ビジネスブランチ更新プログラムと同様に、Office Current Branch for Businessはユーザーに「1年に3回の累積機能更新」と1ヶ月間のセキュリティ更新プログラムを提供するという。つまり、9月22日リリースと同じ機能セットに加えてさらに4ヶ月のセキュリティアップデートを含む、Office 2016の次期ビジネスブランチビルドが、今日のブログ記事によると、2016年2月にリリースされる予定です。

Windows用のOffice 2016には、新機能はほとんどありません。このリリースでは、Officeアプリにデータ損失防止機能が搭載されています。新しいバージョンのOffice for Windowsには、追加のドキュメント共著機能、新しい「Tell Me」ナビゲーションサポート、Power BIとの統合、さらにはロックダウン/権利管理機能があります。

マイクロソフトでは、7月にOffice 365のMac版のOffice 2016をOffice 365の利用者に提供しました。今月後半にMicrosoftは、単一のコピーを完全に購入することを希望するユーザーに、Office 2016 for Macを提供する予定です。

更新プログラム:Office 2016に関するWindowsの今後の展開についての読者の質問と回答(マイクロソフトの広報担当者から提供される)

Q:Office 365 Business Premiumは、ProPlusを搭載したOffice 365ユーザーだけでなく、自動的にこれらの更新プログラムを入手し、支店を介してサービスを提供しますか?

A:はい、ビジネスユーザーは2016アプリをも受け取り、デフォルトの支店になります。ビジネスプレミアムのお客様は、いつでも利用できるようにした場合、現在のビジネスブランチに移動することができます。

Q:Officeリリース間で新しい機能を見たくないO365ユーザーにとって、Windows 10のLong Term Servicingブランチに相当する予定はありますか?

A:Officeを機能更新を必要としないが、セキュリティ更新プログラムやバグ修正を引き続き受けることができる専門システムにOfficeをインストールする場合は、Office 2016ボリュームライセンス(MSI)バージョンを使用することをお勧めします。

Q:あなたがO365 Pro Plusのサブスクライバである場合は、Officeアプリケーションのアップデートを毎年3回バケットで取得していますか?

A:現在のOffice 365 ProPlusのお客様は、現在の支店にいます。ただし、ProPlusのすべての顧客は、現行の支店に移動することで、年間3回の更新スケジュールに移行します。顧客は現在のブランチに留まることを選択できます。すべての更新は、Office CDNを介して配信されるか、組織の管理者(Windows Updateではなく)を通じて展開されます。

Q:現在のブランチオフィス365にいる場合、現在のブランチの更新はWindows 10上でどのように更新されていますか?

A:現在のブランチには、毎月の機能、セキュリティ、および非セキュリティの修正が含まれています。顧客はビルドを選択する限り、ビルドを続けることができますが、新しい機能やセキュリティの修正を利用するには、最新のバージョンに更新することをお勧めします。

Q:Office 2016 for Windowsプレビュー版をプレビューしてRTM版に直接アップグレードできますか?

A:顧客がOffice 2016プレビューにアクセスした方法によって異なります。

最初のリリースプログラムを通じてOffice 2016プレビューにアクセスした商用Office 365の顧客は、Officeクライアントを含むOffice 365ワークロードにわたって最新の更新を引き続き取得します。入手可能になった時点でOffice 2016のプロダクションリリースに戻したい場合は、プログラムと機能からOffice 2016プレビューをアンインストールし、自分のソフトウェアページからOffice 2016のプロダクションバージョンをダウンロードできます。

IT担当者向けのOffice 2016プレビューおよび開発者は、Officeクライアントを含むOffice 365ワークロード全体で最新の更新プログラムを引き続き入手します。入手可能になった時点でOffice 2016のプロダクションリリースに戻したい場合は、プログラムと機能からOffice 2016プレビューをアンインストールし、自分のソフトウェアページからOffice 2016のプロダクションバージョンをダウンロードできます。

Office 365コンシューマサブスクライバ:顧客がOffice 365マイアカウントページからOffice 2016プレビューに参加した場合、Windowsのプログラムと機能からOffice 2016プレビューをアンインストールし、マイアカウントページからOffice 2016のプロダクションリリースをインストールするだけです。 Office 2016プレビュー(Office 365サブスクリプションなし)

Office 2016プレビューは2015年秋に期限切れとなり、機能制限モードに移行します。顧客は、有償のOffice 365サブスクリプションに変換するオプションを持つか、WindowsからOffice 2016プレビューをアンインストールし、ライセンスバージョンのOfficeを再インストールすることを選択できます。

?TechnologyOneは農業に6.2百万豪ドルを調印

今日のデジタルワークプレイスの構成原理は何ですか?

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

Appleは9月13日にiOS 10を、MacOS Sierraは9月20日にAppleをリリースする