MicrosoftとHP、アプリケーションアプライアンスの共同ロードマップを発表

1年前、マイクロソフトとHPは、共同開発した「アプリケーションソリューション」とハードウェアソフトウェアアプライアンスを提供するために、3年間で2億5000万ドルのパートナーシップを発表しました。

エンタープライズソフトウェア、?TechnologyOneは、農業、共同作業、現在のデジタルワークプレイスの構成原理は何ですか? HPEはLinuxディストリビューション、Enterpriseソフトウェア、Appleが9月13日にiOS 10をリリース、macOS Sierraを9月20日にリリース

2011年1月19日、両社はこの取引から生じた一握りのターンキー製品の計画を公開しました。

これらのアプリケーションアプライアンスの目標は、構成、展開、および管理を容易にすることでITの複雑さを軽減することです。両社の関係者によると、

ロードマップ(私はSKUエラーを修正するために更新しました)L

HP Business Decision Appliance:HPサーバーにプレインストールされたWindows Server 2008 R2、SQL Server 2008 R2、およびSharePoint 2010の組み合わせ。このオファーには、3年間のHPハードウェアおよびソフトウェアサポートサービスが付属しています。価格は1月19日現在、出荷額は約28,000ドルです。

Microsoft Exchange Server 2010用HP E5000メッセージングシステム:名前のとおり、Exchange Server 2010(Windows Server 2008 R2上で動作)を含みます。 2011年3月現在、3年間のHPハードウェア/ソフトウェアサポートサービスを含む36,000ドルから利用可能です。

HP Database Consolidation Appliance:数百のデータベースを単一の仮想環境に統合するために設計されたハードウェアとソフトウェアのバンドル。このペアは、Windows Server 2008 R2、SQL Server 2008 R2、およびHyper-Vクラウドスタックの上に構築されたプライベートクラウドソリューションとしてこれを宣伝しています。 2011年6月の発売予定で、まだ価格情報はありません。

HP Business Data Warehouseアプライアンス:Windows Server 2008 R2およびSQL Server 2008 R2に最適化されたこの中規模および企業向けのアプライアンスは、2011年の下半期に提供されます。まだ価格情報はありません。

HPエンタープライズデータウェアハウスアプライアンス:これは、SQL Server 2008 R2パラレルデータウェアハウスと呼ばれるMicrosoftの最上位SQL Server SKUを中心に構築されたデータウェアハウスアプライアンスです。 HPのハードウェア/ソフトウェアの3年間のサポートが含まれています。これは現在利用可能です。

マイクロソフトとHPは、ターンキーデータアプライアンスを行う唯一のものではありません。 Teradataはまだ生きていて、蹴っています(そしてクラウドの領域でもっとやっています)。 OracleにはExadata(およびSunのハードウェア)があります.IBMとNeteezaもこの領域にあります。

ところで…今日のMicrosoftとHPのアプライアンス発表は、2人が提供するWindows Azureアプライアンスとは関係ありません。今のところ、マイクロソフトもHP(Microsoftの他のAzure Appliance顧客)も、これらのプライベートクラウドインボックスシステム(2010年末までに利用可能になった私たちは聞いた。)

?TechnologyOneは農業に6.2百万豪ドルを調印

今日のデジタルワークプレイスの構成原理は何ですか?

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

Appleは9月13日にiOS 10を、MacOS Sierraは9月20日にAppleをリリースする