Microsoft、Windowsの「ベイル」サーバーを製造にリリース

Microsoftは3月29日、同社のWindows Home Server 2011製品(コードネーム「Vail」)の製造を発表した。

データセンター:IBMは新しいLinux、Power8、OpenPowerシステム、Cloud、マイケル・デル、EMCの契約を締結した:「何十年にもわたって考えることができる、データセンター、Dellテクノロジーズ・リフトオフ:Dell、EMC、人工知能; Nvidiaは非営利研究のAIスーパーコンピュータを提供

TechNetとMSDNの購読者は、Microsoft Windows Home Server Teamのブログ記事によると、4月上旬にWHS 2011の最終版をダウンロードできるようになります。 OEMは、5月から市場に出るWHS 2011を組み込んだ新しいフォームファクターを構築しているという。

「Vail」 – Windows Home Server 2011 – はMicrosoftのホームサーバーです。 Microsoftは2011年2月にVailのリリース候補を提供しました。

Vailの中核をなすWindows愛好家は、Drive Extenderの機能を製品から削除するというMicrosoftの決定に対してあまり満足していないが、外出している。ただし、WHS 2011製品には、Windows Server 2008 R2コア、DLNA 1.5準拠、新しいセットアップとインストールウィザード、Macクライアントのサポート、Windows 7 HomeGroupネットワーク機能のサポートなどの新機能が含まれています。

マイクロソフトはまた、いわゆる「コロラド」ファミリの1つ、Small Business Server 2011 Essentialsハイブリッド・スモール・ビジネスとクラウド・サーバー(コードネーム「オーロラ」)をいつでも製造できるようにする予定です。私はそれが今日または明日後に起こるかもしれないと思っています….

アップデート:実際には、オーロラには3月29日現在のRTMがあります。(ポインターのおかげで@UltraWindows!)TechNetとMSDNの加入者は4月上旬にビットをダウンロードできます。マイクロソフトによると、SBS 2011 Essentialsは5月1日現在、「すべてのチャンネル」で利用可能となる。 SBS 2011 Essentialsは、25人以下のユーザーを対象とした製品です。これは、Windows Server 2008 R2を構内に提供し、クラウド内のOffice 365とそのホストされているさまざまなサーバーコンポーネントへのアクセスを提供します。

IBM、新しいLinux、Power8、OpenPowerシステムを発表

マイケル・デルがEMCとの契約を締結した。「数十年後には、

Dell Technologiesがリフトオフする:ここでは、Dell、EMC、エンタープライズビジネスの群れが結合

Nvidiaは非営利の研究のためにAIスーパーコンピュータを提供