Marketo Q4は推定値を上回り、売上高は50%増

Marketoは鐘の後、火曜日の第4四半期の収益と収益を発表した。

Q2の市場予想を上回るDellのテクノロジー、Salesforce Q2の見積もりを上回る見込み、Q3ガイダンスの軽視、Pure FlashのQ2見積もり、売上高の大幅増、Splunk、Autodesk、Brocadeの堅調な四半期報告、 HPのQ3は見通しを上回っているが、PC、プリンタの不調は続き、WorkdayはQ2の四半期売上高を記録している

マーケティングソフトウェアメーカーは、1株当たり純利益が1590万ドル、すなわち39セント(声明)を報告した。

非GAAPベースでは、損失は1株当たり18セントまで上昇しましたが、収益は前年比50%増の4230万ドルでした。

ウォールストリートは4090万ドルの収益で1株当たり25セントの損失を抱えていた。

Marketoの会長兼CEOであるPhil Fernandezは、四半期および会計年度を強化するためのエンゲージメントマーケティングにおける同社の取り組みを挙げています

現在の四半期において、Marketoは、売上高ガイダンスを4500万〜4600万ドルに引き上げ、非GAAPベースの損失は1株当たり20〜22セントとなりました。 2015年通年のMarketoの収益は、204〜206百万ドルの範囲で推移しています。

M2M市場はブラジルに戻ってくる

今日のデジタルワークプレイスの構成原理は何ですか?

CIOには誰が影響しますか?ここではトップ20です

革新、?M2M市場がブラジルに戻り、コラボレーション、今日のデジタルワークプレイスの構成原理は何か、CXO、CIOには誰が影響を与えるのか?トップ20はCXO、エグゼクティブデッキをシャッフルするANZ Bank

ANZ銀行、技術エグゼクティブデッキをシャッフル