Mark LewisがEMCのCxOブログ圏への入り口を開設

今週の初めに、ストレージ大手EMCは、CXOのブロゴスフィアに参入し、シニアバイスプレジデント兼最高開発責任者(CDO)Mark Lewisによる最初のエントリーを行った。ブログのインフラストラクチャーは、SixApartのTypePadブログサービスにアウトソーシングされているようだ。

クラウド、マイケル・デルがVMware社の会長に就任、仮想化、VMware社がvSphereを強化、ホライズン、ワークスペースONE製品のアップデート、ストレージ、ストレージが内向き:今日のアクションはサーバー内でSANではなくストレージであるデル合併投票

私はルイスと新しい “責任”について簡単に話し、ブログ圏に従事し続けることができるかどうかについて、彼は意見を述べると、彼は言いたいことが不足していなかったと彼は考えなかったそれは問題になるでしょう。 Lewisは明らかにEMCのマーケティング部門の提案でブロガースフィアに参加した。ルイス氏は、驚くほど小さな干渉やレッドテープを書くことができると考えていると述べている(EMCが公開会社)。彼のブログにルイスを書きました

これは私のために新しいです – それはブログです。マーケティングの人々は私にそれをやりたいと思っていましたが、最近多くの企業がそうであるように、私はこれが法的な深淵に陥り、決して出てこないと考えました。彼らはあまりにも多くのリスクを言います。私はフックから外れていたと思ったが、私は間違っていた、彼らは実際にそれを引っ張った…これは企業のブログですか? NO。私がEMC-YESで行っていることを私の見解に反映させることは、チーフ・ディベロップメント・オフィサー(実際には「ヘッド戦略ガイ」を意味します)です。少なくとも私はそう望んでいるか、彼らは新しい戦略者を探し始めるだろう: – …..私は技術と動向についてコメントし、いくつかの視点を提示し、より深い思考プロセスを提供して、多くの戦略とEMCにとって進化した買収。人々はしばしば私を「技術者」と呼ぶでしょうが、私は自分自身を全く考えていません。私は自分自身を単に仲人と考えるのが好きですが、人とはただではありません。解決すべき問題がたくさんあり、私たちがもっと良くできることがたくさんあります。それ以外の面には、毎日たくさんの素晴らしい新作が生み出されています。私は自分の仕事が単にアイデアをニーズにマッチさせていると見ています。

ルイスの最初の記事では、彼の個人的な人生と犬について少し話をしていますが、EMCに関して何かに時間を費やすことはありません。たとえば、EMCのNetwork Intelligence買収に関する内部的な考えを提供する機会を利用した可能性がある(ブログが公開された同じ日に発表された)。私はベンダーのブログを追跡するのが好きなので、私は彼のRSSフィードを購読しています(これはおそらくここにあります。ブログには現在購読していないリンクがあります – 間もなく修正されるはずの問題です)。

Lewisはブログを開始する唯一のEMCの役員ではありません。同社の広報担当者、デイブ・ファーマー氏によると、EMCの最高技術責任者(CTO)のジェフリー・ニック(Jeffrey Nick)氏を含む他のCxOのブログも公開される予定だ。それらのブログが公開されると、私はおそらくそれらにも購読するでしょう。しかし、どれくらいの期間ですか?よく分かりません。それは彼らがどんな種類の思考を引き起こし、彼らがそれを維持できるかどうかにかかっています。昨年4月、VMWareとまったく同じではない仮想化事業での活動が激しさを増している中、EMCの子会社VMWareの社長であるDiane Green氏はエントリー1件でブログを立ち上げて以来、投稿をしていない。登録されていません。

マイケル・デル、VMware社の取締役会会長に就任

VMwareがvSphereを強化し、Horizo​​n、Workspace ONE製品を更新

ストレージは内向きに見える:今日のアクションはサーバーの内側にあり、SAN上にはない

デルの合併の投票に先立ち、EMC Q2の売上高は横ばい