Linux上のMS Office?そうは思わない

木曜日、LinuxCareの幹部は、Microsoft(MSFT)がLinuxスイートを提供しようとしていることをいくつかの情報筋から聞きました。

Linuxディストリビューションのトレーニング、認定、開発のサポートを提供するLinuxCareのアーサー・F・タイド(Arthur F. Tyde)執行副社長は、マイクロソフトでLinux用Officeのバージョンを開発する34人の開発者がいると聞いています。それが真実であるかどうか、私はさまざまな情報源からそれを聞いてきました。

1年前にさえ、MicrosoftがLinux製品を準備していたという憶測がありました。

しかし、同社の広報担当者は、今日、冷たい水を注いだ。 「Linux用のLinuxを開発することは、私たちの計画にはまだありません。 「Linuxはまだユーザーが必要とするものに対して実行可能で堅牢ではありません。

実行可能なデスクトップの代替手段としてのLinuxの長年にわたる批判は、ユーザーフレンドリーなワープロや表計算アプリケーションの欠如であり、Officeがこれを解決するのに役立つかもしれないものです。マイクロソフトは、Linux用のOfficeを提供することで潜在的に利益を得ることができますが、MicrosoftのWindowsオペレーティングシステムと競合するため、Linuxプラットフォームの普及を促進する理由はほとんどありません。

マイクロソフト社がLinux開発者を雇っていることは広く知られており、ソフトウェア大手企業が独自のLinuxディストリビューションを制作している可能性もあるとの見方もある。しかしTydeはこれが当てはまるとは思っていないが、彼と他の人たちはMicrosoftのオープンソースのネメシスをWindowsプラットフォームに歓迎すると述べた。

私はMicrosoft版のLinuxを見たいと思っている」と述べた。

Sm @ rt販売代理店のMary Jo Foleyがこのレポートに貢献しました。

マイクロソフト社のSurfaceオールインワンPCが10月のハードウェア発売を表明

Windows 10のヒント:デスクトップやロック画面に最適な背景を作成する

?Google、MicrosoftのEdgeバッテリーの主張を反駁:Chrome on Surface

Azure、Office 365:Microsoftの2つの新しいクラウド領域がデータプライバシーの問題に取り組んでいます

Windows 10:MicrosoftのSurfaceオールインワンPCが10月のハードウェアの登場、Windows 10、Windows 10のヒント:デスクトップやロック画面、モビリティ、MicrosoftのEdge電池の主張:Chrome on Surfaceより長い、クラウド、Azure、Office 365:マイクロソフトの2つの新しいクラウド地域がデータプライバシーの問題に取り組む