Linuxボットネット攻撃の規模が拡大

Linuxのボットネットはより多くの問題を引き起こしています。

DDoS攻撃:常に大きくなって危険が増えています;トランプのホテルチェーンは新たなデータ侵害を受けています;米国、カナダはトランスクリプト

ハッカーは、セキュリティを研究している分散型サービス拒否(DDoS攻撃)を開始するためのボットネットを構築するためにLinuxをターゲットとするマルウェアを使用している。

ビルゲイツのトロイの木馬トロイの木馬は、WindowsではなくLinuxを実行しているマシンをターゲットにしているため、ウイルス作者によって明らかに命名されています。アカマイのセキュリティインテリジェンスリサーチチームによって発行された脅威勧告では、

Akamaiは、このようなボットネットを使用した今までの最大の攻撃は2015年末に起こったと語った。

ビルゲイツのボットネットからの悪意のあるトラフィックや他のさまざまな攻撃経路を含む、最大の攻撃キャンペーンが2015年12月30日に行われ、スクラビングセンター全体でピーク帯域幅が約308Gbpsに広がっています」とアカマイ攻撃の力が高まっていることが警告されています。そのため、マルウェアには「高い」危険因子が与えられています。

彼らはボットネットが大幅に成長し、100Gbps以上の「攻撃トラフィック」を使って攻撃を開始するのに十分な大きさで、他のDDoSフレームワーク攻撃とも併用されているという。

Akamai氏によると、「マルウェアのアクターは、異なるターゲットやボットネットを使用して、同じプライマリグループのターゲットに対する攻撃の猛攻撃を続けてきた」ため、これらのボットネットの台頭はXORボットネットの打ち切りに続くものです。

「この6ヶ月間にアカマイが観察したこの活動の認識は、この勧告の公表を正当化するものである」と同顧問は述べた。

アカマイは、ボットネットがICMPフラッド、TCPフラッド、UDPフラッド、SYNフラッド、HTTPフラッド、DNS照会フラッドなど、さまざまな攻撃経路を使用して、同様の方法でターゲットに対してブルートフォース攻撃を実施すると警告していますアジア系のXORボットネットのものに変更しました。

革新、?M2M市場がブラジルに戻ってくる、セキュリティー、FBIがCrackasのメンバーを逮捕米政府関係者のハッキングに対する態度、セキュリティ、Wordpressは重要なセキュリティホールを修正するために今更新するようユーザーに促す、セキュリティー、ホワイトハウスは連邦最高責任者情報セキュリティ責任者

マルウェアがシステムに感染すると、DDoS攻撃の開始(SYNやDNS洪水が最も頻繁に使用される)、ポートとサービスを開き、感染したシステムを完全に制御するなど、さまざまな攻撃機能を実行できます。悪質なサイクルでさらなる攻撃を開始するために使用することができます。

より多くのサイバー攻撃

M2M市場はブラジルに戻ってくる

FBIは、米国の政府関係者をハッキングしたとの態度で、Crackasのメンバーを逮捕した

WordPressは、重要なセキュリティホールを修正するために今アップデートするようユーザに促す

ホワイトハウス、連邦最高情報セキュリティ責任者を任命