Linuxベースのランプは「サービスとしての照明」を提供します

発明者Mark Pesceは、2つの名前の変更を経て、MooresCloudによって「サービスとしてのイルミネーション」ランプの名前をLightに変更しました。

ハードウェア、MacBookのトップアクセサリ(2016年9月)、ソーシャルエンタープライズ、トップ10のアプリ:今年の今までのダウンロード数が最も多い、ハードウェア、MacBookのトップ25アクセサリ、コラボレーション、今日のデジタルワークプレイスの構成原理

元々CloudLightとして知られていたPesceは、CloudLightが既にオーストラリアで商標登録されていることを認識した後、LightCloudに名前を変更しなければなりませんでした。その後、昨日、発明者は、Pesceのチームが提出する前にLightCloudという名前を使用して、Lightに最終的な名前変更を行った米国の会社からの休止状を受け取った。

この製品は基本的に、Wi-Fiを搭載したLinuxを搭載した小型コンピュータに接続された多数のLEDライトを含むキューブで、加速度計とWebサーバーをパックしています。つまり、キューブはアプリケーションを実行でき、インターネットに接続されたモバイルデバイスを介して特定のライトベースのタスクを実行するように命じられます。

発明者の一人であるMark Pesceは、それを「サービスとしての照明」と名づけた。

MooresCloudによるライトは、Pesceをリーダーとするオーストラリア人のチームによって考案されました。現在、このプロジェクトには11人の人が働いています。 MooresCloudチームは、10月16日に開始されるKickstarterキャンペーンを通じてAU $ 700,000を調達することにより、ライトを生産に投入しようとしています。

色の配列を表示することができるため、ライトは他のマシンと通信して調整するようにプログラムすることもできます。この製品はオープンなハードウェアとソフトウェアで動作し、Pesceは開発者が非常に異なる場所に光を取り入れるためのアプリをたくさん作り出すことを願っています。

最終的に、PesceはLightのための彼自身のアプリストアを持っていたいと思っています。

「それはLinuxを搭載したフルコンピュータなので、本質的にあなたの想像力に縛られている」とPesce氏は語る。

シドニーに本拠を置く組織の1つは、MooresCloudとの協議の中で、ライトを使ってプロセッサーの進捗状況を追跡しています。たとえば、プロセッサが故障している場合、プロセッサはLightと通信し、キューブは特定の色で点滅します。

プログラミングの背景を持たない平均的な消費者にとって、Pesce氏と彼のチームは、Lightをろうそくの輝きを模倣するなどの機能を果たすようにするアプリを入手できる、ブラウザベースのHTML5インターフェイスに取り組んでいます。

ライトは99ドルで小売に設定されています。 AU $ 70,000を調達しようとするKickstarterプログラムについては、99ドルを寄付する寄付者は、それぞれ独自のユニットを受け取ることになります。

「KickerstarterとAmazonの支払いは少ししかかからず、残りは報酬(ライト自体)に出ているので、70,000オーストラリアドルのうち、約27万ドルを開発に割り当てることができます。

ライトは中国で製造されます。キューブは現在アダプターによって駆動されていますが、バッテリー駆動のバージョンをリリースする予定です。

今日のデジタルワークプレイスの構成原理は何ですか?

MacBookのトップアクセサリ(2016年9月)

上位10のアプリ:これまで今年のダウンロード数が最も多い

MacBookのトップ25アクセサリ