自宅使用プログラムを使用してビジネスユーザーが利用できるMicrosoft Office 2013

マイクロソフトは、最新のOfficeリリースの未だ確認されているが差し迫った開始日に近づくにつれて、Office 2013のすべてのアヒルを続けている。

今日のデジタルワークプレイスの構成原理は何ですか?エンタープライズソフトウェア、AppleがiWorkコラボレーション機能を提供する、コラボレーション、MicrosoftがSkypeのチームコラボレーション機能を強化してスラックを取る、モビリティ、ブラジル政府がWazeを禁止する可能性

最新のものは、Office Professional Plus 2013を同社の自宅使用プログラム(HUP)に追加したものです。 (チップのNeowinに感謝します。)

HUPは、マイクロソフトがソフトウェアアシュアランスでボリュームライセンシーに提供するメリットです。これにより、ビジネスユーザーは、最新バージョンのOfficeを購入して、家庭用PC /デバイスで「低コスト」ダウンロードで使用することができます。 (Neowin氏によると、Professional Plus 2013 SKUはHUP経由でユーザーあたり約9.95ドルの費用がかかります)

マイクロソフトは、通常、新しいバージョンのOfficeが一般的に/商業的に入手可能になる頃に、最新バージョンのOfficeをHUPに提供しています。マイクロソフトの関係者は、マイクロソフトが新オフィスの立ち上げを計画している時期は明らかにしていないが、今後数週間以内、おそらく今月末までに予定されている。

Professional PlusバージョンのOffice 2013は、ボリュームライセンシーのみが使用できます。この特定のSKUには、Word、Excel、PowerPoint、OneNote、Outlook(Business Contact Managerを使用)、Publisher、Access、InfoPath、LyncおよびOffice Web Appsの2013年/最新バージョンが含まれます。プロフェッショナルプラスは、マイクロソフトが立ち上げる新しいOffice 2013 SKUの1つです。

他のOffice関連のニュースでは、Office 2013 / Office 365 Home Premiumのプレビュー版をテストしているユーザーは、Microsoftが製品の最終バージョンをリリースする前にテスト版が期限切れになることを心配する必要はありません。

マイクロソフトの広報担当者によると、Office 365 Customer Previewの試用版の課金セクションに期限切れ通知が表示されると、次回のOfficeが市場に出てから約60日後にプレビューが実際に有効期限切れになることを知っているはずです。 Office 365で取得したプレビューバージョンは、自動的に更新され、ユーザーはhttp://commerce.microsoft.comにチェックインすると、より新しい/より遅い日付が表示されます。

通知日はプレビュー版に組み込まれており、サブスクリプションユーザーにOffice 365のサブスクリプションまたはトライアルが期限切れになる旨の通知を受け、次のバージョンのOfficeが発売された後に更新または購入するよう促します。

マイクロソフトの広報担当者は、顧客が試したメッセージは、チームがシステムをテストする際に、顧客プレビューの経験を基本としていると主張している。

今日のデジタルワークプレイスの構成原理は何ですか?

アップル、iWorkコラボレーション機能を提供

MicrosoftがSkypeのチームコラボレーション機能を強化してSlack

ブラジル政府がWazeを禁止する可能性