新世代のゲーム

マネジメントと特に管理タスクの自動化は、今後数か月でサーバベンダーが自社製品を差別化する戦場になるだろう。少なくとも、それは、次世代のIntelプロセッサの差し迫ったリリースに続く予定の、HPとDellの両方からの製品ラインリフレッシュの発表に続いているようだ。

HPは、ProLiantプラットフォームの第8世代(Gen8)をリリースすることを発表し、管理機能と自動化を重要な機能として強調しました。

HP ProActive Insightアーキテクチャと総称されているこれらの機能は、ほとんどのProLiantマザーボードに既に搭載されている「センサーの海」技術の拡張機能や、以前はDellによって導入されたような組み込みライフサイクルコントローラ。

また、サーバーハードウェアの自己監視を容易にし、オペレーターの介入なしに問題を特定し解決する技術もあります。たとえば、大規模なデータセンターで障害のあるハードウェアを見つけやすくするためのGPSサポートの話もあります。

HPの発表に対するデルの対応は、第12世代のPowerEdgeサーバの一部を取り除き、同様に、管理機能とデータセンターの自動化機能について語ることでした。このため、デルは既存のライフサイクルコントローラテクノロジを構築し、新しいオプションの中で新しいサーバを自動検出することで、新世代の統合管理コントローラ(iDRAC 7)に移行します。

プロセッサベンダーインテルとの非公開契約により、より詳細な情報が公開されなくなっています。しかし、次の火曜日(3月6日)にIntelの新しいXeon E5(Romley)プラットフォームが正式に発売され、HP、Dellなどの製品が盛り上がることは間違いない。

アランスティーブンス

Republic WirelessでSamsung Galaxy S7 Edgeとのハンズオン:より良いWi-Fi通話体験

Microsoft Sprightly、First Take:スマートフォンに魅力的なコンテンツを作成する

Xplore Xslate D10、First Take:挑戦的な環境のための厳しいAndroidタブレット

Plantronics BackBeat GO 3とVoyager 5200ヘッドセットのハンズオン:新しいApple iPhoneに最適

モバイルでのサムスンギャラクシーS7 Edgeでのハンズオン:より良いWi-Fi通話体験、挑戦的な環境のための厳しいAndroidタブレット、モビリティ、Plantronics BackBeat GO 3とVoyager 5200ヘッドセットの実践:新しいApple iPhoneには完璧です