マイクロソフト:新しいオフィスにRTMがあります

Microsoftの関係者は、Office Next / Office 2013の予定されたタイムラインを公開する予定です。

今日のデジタルワークプレイスの構成原理は何ですか?エンタープライズソフトウェア、AppleがiWorkコラボレーション機能を提供する、コラボレーション、MicrosoftがSkypeのチームコラボレーション機能を強化してスラックを取る、モビリティ、ブラジル政府がWazeを禁止する可能性

最初は製造からリリース(RTM)です。それを信じるかどうか、次のバージョンのOfficeは10月11日にRTMされ、ソースより少なくとも1ヵ月早く、Microsoftの多くの顧客、パートナー、専門家が予測していました。

「Office 2013」や「Exchange Server 2013」のような名前の「2013」を持つ製品は、オンデマンドであるように見えますが、 「Office Next」は、サブスクリプションベースで販売されているOfficeのバージョンや、次期バージョンのExchange OnlineなどのOffice製品のクラウド版を指しています。

マイクロソフトの幹部は、10月11日のOffice Newsブログの記事で、彼らが最近流したことに注目しました。「Office 15」のクライアントアプリケーション、サーバー、サービスのセットがいくつかの段階でリリースされる予定です。

ボリュームライセンシーは、2012年11月中旬にRTMビットを手に入れることができます(TechNetとMSDNの加入者に同じアクセス権が与えられます)。また、Office 365の購読者は、11月中旬から新しいホスティングサーバービットをすべて入手します。

2013年第1四半期には、新しいOfficeリリースは一般的に/市販されています。言い換えれば、Office 365と呼ばれるOfficeの新しいホームおよび小規模ビジネスサブスクリプションベースのバージョンが購入可能になるのはその時です。私は2013年2月がこれが起こる日であると聞いてきました。しかし、OfficeチームのRTMが予想よりも早くなったことを考えると、Office 365 Home Premium、Small Business Premium、Office 2013のリリースは早すぎるかもしれません….

マイクロソフトは、今年の7月にカスタマープレビューと呼ばれる新しいOfficeクライアント、サーバー、およびサービス製品の唯一のパブリックベータ版をリリースしました。

Microsoftの関係者は、今秋、Microsoft RT RTを含むWindows RTベースのマシンに同梱されるOffice Home&StudentのWindows RT版が11月初めにユーザーに公開されると発表した。

Office Web Appsの新しいバージョン、WebifiedバージョンのWord、Excel、PowerPoint、OneNoteは、10月下旬にOffice 365の加入者に向けて開始されるため、今週Microsoftの役人が確認した。

アップデート:Windows SuperSiteについて、Paul Thurrott氏は、彼のソースの1つは、iOS用のOfficeとAndroidのタブレットは、2013年春頃にはまだ登場しているが、ローカルにインストール可能な製品ではなく、何らかのサブスクリプションサービスの形であると報告している。

今日のデジタルワークプレイスの構成原理は何ですか?

アップル、iWorkコラボレーション機能を提供

MicrosoftがSkypeのチームコラボレーション機能を強化してSlack

ブラジル政府がWazeを禁止する可能性