マイクロソフトは、ライバルのPaaS製品で混乱しない

シンガポール – マイクロソフトは引き続き強力な顧客基盤と、Windowsベースの開発言語とアプリケーションに精通しており、競合他社のプラットフォームよりもサービスとしてのプラットフォーム(PaaS)市場での優位性を維持していきます。

エンタープライズソフトウェア、?TechnologyOneは、農業、共同作業、現在のデジタルワークプレイスの構成原理とは何か、企業ソフトウェア、Sweet SUSE! HPEはLinuxディストリビューション、Enterpriseソフトウェア、Appleが9月13日にiOS 10をリリース、macOS Sierraを9月20日にリリース

マイクロソフト・シンガポールのマーケティング・オペレーション部門のサーバーおよびツール・ビジネス・グループのHarish Aitharaju氏によると、PaaSのスペースは、OracleとIBMの最近の製品発表や、VMwareとSalesforce.comの既存の代替製品に続いて「確実に熱くなっています。

競争にもかかわらず、彼は、マイクロソフト自身のPaaS提供サービス「Azure」に加入している顧客の数に「強力な成長」があったと指摘した。この成長は、トライアルユーザーとして本格的な商業ユーザーにサインアップした企業の転換を反映しているとシンガポールのAitharaju氏は説明した。

IBMは、一連のSmartCloudソフトウェアとサービスの発売に伴い、PaaS戦略を発表した。ビッグブルー氏は、SAPソフトウェア、エンタープライズリソースプランニング(ERP)アプリケーション、およびすべてのデータベースをプライベートクラウドプラットフォームに移植したと述べています。一方、オラクルは先週OpenWorldカンファレンスで、パブリッククラウドがPaaSとSaaSの組み合わせで、Java Enterprise Editionによって結合されると発表しました。

Aitharaju氏は、Microsoftとの差別化のために、強固な顧客基盤と独立系ソフトウェアベンダー(ISV)との提携を推進していると語った。同氏は、企業がITリソースをリフレッシュしてクラウドベースのインフラストラクチャに移行するようになるにつれて、マイクロソフトの仮想化テクノロジ、Hyper-V、およびAzureプラットフォームにコミットすることを「ベストタイム」とすると付け加えました。

さらにAzureは、人事プロセス、課金、顧客関係管理(CRM)など、顧客がタップすることができる分野で、既に多数の既成アプリケーションを持っていると述べた。つまり、マイクロソフトは、これらのISVが顧客と結びつくビジネスから利益を得ようとしているという。

同氏は、ISVとマイクロソフトの内部開発者の両方がすでにレドモンドのアプリケーション開発言語に精通しており、エンドユーザーはOfficeやOutlookなどの企業向けツールに慣れていたため、企業はMicrosoftとの作業を続ける傾向があると指摘しました。

Aitharajuのポイントは、2015年にPaaSの世界的な売上高が18億米ドルに達すると予測されていたGartnerの調査で確認された。今年の収益は7億740万米ドルに達すると予測された。

ガートナーのリサーチディレクターであるFabrizio Biscottiは、PaaS空間におけるベンダー間の競争も今後数年で増加すると予測していました。

?TechnologyOneは農業に6.2百万豪ドルを調印

今日のデジタルワークプレイスの構成原理は何ですか?

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

Appleは9月13日にiOS 10を、MacOS Sierraは9月20日にAppleをリリースする