マイクロソフトは、「Azure in a box」を使用して、独自の「星雲」プライベートクラウドに電力を供給しています

昨年秋、マイクロソフトはデルと提携して、「Microsoft Cloud Platform System」(CPS)と呼ばれる箱にAzureクラウドを提供することを発表しました。

クラウド;クラウドコンピューティングは一度に1つのAPI、エンタープライズソフトウェア、甘いSUSE! HPはLinuxディストリビューションを曇らせる、クラウド、Twilioは新しいエンタープライズプランをより敏捷性を約束する、クラウド、Intel、Ericssonがパートナーシップを拡大してメディア業界に注力

先週のブログ記事では、マイクロソフトの役員は、マイクロソフト自身が自社のプライベートクラウドに電力を供給するために内部的にCPSをどのように使用しているかについての情報を公開した。

「Building Clouds」ブログの1月23日の記事によると、Microsoftの社内インフラストラクチャとしてのサービスクラウドは「Nebula」とコードネームされています。 (ポストへのリンクをtweetingするために、Microsoftの最も貴重なプロフェッショナル@JakobGSvendsenと@hvredevoortに感謝します)。

Nebulaチームは、MicrosoftのCPSの「最初の内部パートナー」です。

Nebulaサービスは、マイクロソフトの個々の開発エンジニアとテスト自動化システムの両方に対して、一度に数百の仮想マシン(VM)を取得できるサービスです。開発エンジニアは、Windows Azure Pack(WAP)セルフサービスポータルを介してCPSにアクセスできます。

「Nebulaは、既存のデータセンターハードウェアの標準的な信頼性とは対照的に、CPSをプレミアム信頼性として提供しています。

「San Diego」というコードネームのCPSは、Windows Server 2012 R2、System Center 2012 R2およびWindows Azure Packを実行しているDellサーバーの事前組み立てラックで構成されています。 WAPは、セルフサービスポータル、管理者がリソースクラウドを管理するためのポータル、スケーラブルなWebホスティングなど、多数のAzureテクノロジーのオンプレミスに相当するものをユーザーに提供します。

Microsoftは昨年秋にCPSを市販した。お客様は、CPSハードウェアをDellとソフトウェアおよびサービスを通じてMicrosoftから購入し、Microsoftはすべてのサポート要求の最初の連絡窓口となります。

クラウドコンピューティングの成長

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

Twilio、新しいエンタープライズプランを発表

インテル、エリクソン、メディア業界に注力するためのパートナーシップを拡大