マイクロソフトの目はインドの25M雲ユーザー

マイクロソフトは、PTIによると、Office 365 Personal、Bing、Skype、OneDriveなどの製品を含むクラウドサービスに対して、今後2年間で2500万人の新規インドユーザーを引きつけることを目指している。

エンタープライズソフトウェア、Sweet SUSE! HPは、Linuxディストリビューションを支えるLinuxディストリビューション、Cloud、Twilioは新しいエンタープライズプランを展開し、CloudはIntel、Ericssonはメディア業界に重点を置くようにパートナーシップを拡大、XeroはBPay支払いのためにMacquarie Bankと提携

オンライン生産性スイートの最大の名称は、Google AppsとOffice 365です。比較ツールキットを使用して、それぞれのコストを決定します。

クラウドベースのOffice 365 Personalは、比較的手頃な価格のオプションとして請求されており、WindowsとMacのデスクトップとモバイルの両方で年間3,299ルピー(US $ 54.90)または月額330ルピー(US $ 5.50)で利用できます。

「インドのコンシューマー・チャネル担当ゼネラル・マネージャー、チャクラパニー・ゴラパリ(Chakrapani Gollapali)氏は、次のように述べています。「これらのデバイスに電力を供給するデバイスにもっと頼りにし、グループはPTIに語った。

同氏は、Microsoftがこのようなクラウドサービスのために2500万人の新規インドユーザーを獲得することを目標としており、スマートフォンからの成長の大半を期待していると付け加えた。

先月発表された第3四半期の収益では、マイクロソフトは、Office 365のサブスクリプションとXPのエンタープライズアップグレードにより、予想を上回る四半期を達成しました。

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

Twilio、新しいエンタープライズプランを発表

インテル、エリクソン、メディア業界に注力するためのパートナーシップを拡大

?Xero、BPAY支払いのためにMacquarie Bankと提携