マイクロソフトの収益予測:オンプレミスオフィスにはまだ多くの人生が残っています

前四半期と同じように、今度はOffice製品がマイクロソフトの収益に大きく貢献しました。

エンタープライズソフトウェア、?TechnologyOneは、農業、共同作業、現在のデジタルワークプレイスの構成原理は何ですか? HPEはLinuxディストリビューション、Enterpriseソフトウェア、Appleが9月13日にiOS 10をリリース、macOS Sierraを9月20日にリリース

Softiesは、2012年の第1四半期の第1四半期の業績についてMicrosoftのアナリストから電話を受けながら、OfficeのオンプレミスとOfficeの相互関係について注目すべき点をいくつか示しました。また、クラウド以外のバージョンの業界ウォッチャーコミュニケーションと生産性の高い製品が出ています。

Microsoftは10月20日にStreetの予測を上回り、2005年度第1四半期の純利益は574億ドル、シェアは68セントとなった。非GAAPベースの収益は、前年同期比7%増の173億7000万ドルの1株当たり68セントでした。

Microsoft Business Division(MBD)は、売上総額56億2,000万ドルに貢献するすべての部門を率いていました。 (Windowsは48.7億ドル、サーバーとツールは42.5億ドルとなりました)、MBD収入の90%はOffice製品、もう1つはDynamicsラインの10%です。 MBD収入は、主に2010 Officeシステム(Officeクライアント、Exchange Server、SharePoint Server、およびLync Server)を販売したことが原因で増加しました。

同部門の事業収益は、主にマイクロソフト社の調査によると、「多年にわたるボリュームライセンス収益の成長、2010年のMicrosoft Officeシステムのトランザクション型ビジネス顧客へのライセンス供与」(ダイナミックな収益の増加とともに)は326百万ドル(8%最新の10-Q。消費者の成長が鈍いWindowsの場合とは異なり、MBDでの消費者収益は、主に2010 Microsoft Officeシステムの販売が好調であったため、7,500万ドル(7%)増加しました。

(マイクロソフトの関係者は、2011年7月にOffice 2010を1億個販売しており、現時点では更新された数字は提供していないと述べている)

Microsoftは、最近発表されたMicrosoftがホストするExchange Online、SharePoint Online、およびLync OnlineのOffice 365バンドルの個別の販売データを公開していません。しかし、職員は、Office 365が、あらゆる規模の顧客によるLync、SharePoint、およびExchangeの売り上げ増を牽引していると言いました。

これは、Office 365を使用している顧客が、スイート内の製品のオンプレミスバージョン(Exchange Server、SharePoint Server、Lync Server)を後で購入していることを意味するかどうか、あるいは多分両方の – 好循環の一種?

いずれにしても、Officeクラウド製品とOfficeオンプレミス製品の販売が互いに強化されていることが示唆されます。これは面白い傾向です。特に、Office、Exchange、SharePoint、Lyncなどのオンプレミスバージョンの製品をユーザーが依然として必要としていて、単にGoogleが提供するクラウドのみのものではなく、多くの業界関係者からの疑問がありました。

?TechnologyOneは農業に6.2百万豪ドルを調印

今日のデジタルワークプレイスの構成原理は何ですか?

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

Appleは9月13日にiOS 10を、MacOS Sierraは9月20日にAppleをリリースする