マイクロソフトではAccess Storeアプリケーションに一般的な可用性のグリーンライトを提供しています

2012年8月、マイクロソフトおよびサードパーティの開発者からのアプリケーションのマーケティング、販売、展開のためのOfficeおよびSharePointストアの計画が正式に開始されました。

クラウド;クラウドコンピューティングは一度に1つのAPI、エンタープライズソフトウェア、甘いSUSE! HPはLinuxディストリビューションを曇らせる、クラウド、Twilioは新しいエンタープライズプランをより敏捷性を約束する、クラウド、Intel、Ericssonがパートナーシップを拡大してメディア業界に注力

2014年2月3日、同社はMicrosoft Access用およびその周辺に構築された「一般に利用できる」(GA)アプリケーションを作成しました。そのGAの指定で、マイクロソフトはOfficeストアに、ワードアプリケーション、Excelアプリケーション、メールアプリケーション、プロジェクトアプリケーションなど、既に公開されているアプリケーションカテゴリを補完する、正式に承認された別のカテゴリのアプリケーションを追加しました。

GAの指定は、Officeのブログサイトの2月3日の記事によると、「Office 365の残りの部分と同じレベルの可用性と完全な自信を持って、Accessのアプリケーションを作成、共有、使用できるようになりました。 「Office 365のサービスレベル契約(SLA)とコンプライアンス標準の下では、アクセスアプリはプレビュー版であり、サポートされていませんでした」と昨年、Office / SharePointストアにAccess 2013中心のアプリケーションが存在していましたが、関係者は認めた。

アクセスアプリは現在、Office 365 Small Business、Midsize、Enterprise、およびEducationの顧客に提供されているという。しかし、Office 365の政府顧客のためのアクセスアプリはまだプレビューにあると見なされます。 Accessのアプリケーションは、ブログの投稿によれば、SharePoint Storeを介して入手できます(ただし、私が知る限り、Officeストアからも利用可能です)。

マイクロソフトは、同社の戦略の一環として、OfficeとSharePointストアを導入し、開発者をプラグインモデルから遠ざけ、Webベースのアプリケーション開発と展開のモデルに向かわせました。

MicrosoftがOffice Onlineサイトのリブランディングの動きの一環としてOffice.comサイトを再構築した後に、MicrosoftがOffice / SharePoint Storeアプリケーションを宣伝して提供する方法をどのように変更すればよいか、興味を持っています。

更新:他のOffice関連のニュースでは、Microsoftの幹部は、今日、Microsoft Projectは2000万人のユーザーに達していると語った。また、マイクロソフトは2014年5月1日に、プロジェクトのフル機能のサブセットをプロジェクトチームメンバーに提供する「Project Lite」と呼ばれる新しいプロジェクトSKUとして公開しています。これは、月額ユーザーあたり7ドルで、Projectの月額ユーザーあたり33ドルのサブスクリプション料金より安く利用できます。

クラウドコンピューティングの成長

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

Twilio、新しいエンタープライズプランを発表

インテル、エリクソン、メディア業界に注力するためのパートナーシップを拡大