マイクロソフトでは、ASP.NET 5、.NET Core 5

Microsoftは以前はASP.NET 5および.NET Core 5と呼ばれていた製品のブランドを変更しています。

クラウドコンピューティングは1度に1つのAPIを成長させ、開発者はApigeeを6億2500万ドルで買収し、ハードウェアはラスベリーパイが1000万回の売上を上げ、プレミアムバンドルで賞賛し、セキュリティは4年間後にNPAPI FlashをLinux用に復活させるスタシス

ASP.NET 5はASP.NET Core 1.0と呼ばれ、.NET Core 5は.NET Core 1.0に名前が変更されます。 Entity Framework 7は、Entity Framework Core 1.0とも呼ばれています。

マイクロソフトプリンシパルプログラムマネージャーのScott Hanselmanは、1月19日にブログで新しい名前を公開しました(The Registerのおかげで、最初にこの変更の報告が見られました)。

これらの変更の理由は、Microsoftが.NET Frameworkを.NETコアを作成するためにフォークした2014年の終わりにさかのぼります。当時、マイクロソフトは、より多くの.NETプログラミングフレームワークをオープンソース化し、クロスプラットフォームをLinuxとMacに、サーバーサイドのWeb開発フレームワークであるASP.NET 5の形で利用することを計画していたことを発表しました。この取り組みの中心的なものは.NET Coreで、これは.NET Frameworkのフォークです。

現在のASP.NET 4.6実装は.NET Frameworkに基づいていません; .NET Frameworkに基づいています。 ASP.NETの.NET Coreバージョンは、新しいASP.NETファミリの開始ではなく、ASP.NET 5の後継バージョンであることを暗示していたので、混乱を招いていました。

Microsoftの今後の焦点は.NET Coreに重点を置いているが、2014年には、.NET Frameworkに導入された機能の一部で、同社が.NET Frameworkを年1回更新し続ける予定だという。また、MicrosoftがWindows Presentation Framework(WPF)をサポートする機能のいくつかのような、.NET Framework専用の機能も追加される予定だという。

ASP.NET 5 / ASP.NET Core 1.0のロードマップはGitHubにあります。最後に聞いたところ、2016年第1四半期に製造リリースがリリースされました。(Build 2016の公式発表は驚くことではありません)

アップデート(1月26日):Microsoftがロードマップページを更新しました。 ASP.NET Core 1.0のリリース候補2が「未定」(決定される)としてリストされるようになりました。今日まで2月2016年でした。また、1.0 RTMの日付は、2016年第1四半期ではなく、2016年に未定となっています。

アップデート(2月1日):マイクロソフトでは、なぜ命名規則が変更され、予定されているリリーススケジュールが延期されたのかについて、より多くの説明を掲載しました。今日の記事によると、マイクロソフトは目標とするRTM(2016年第1四半期)を大幅に後退させる予定ではなく、新しい、より具体的な日付が比較的早く掲載されるだろうと述べている。

新しく改良されたロードマップ図

今日のアップデートから

私たちは、2016年1月末までに、NETコアと新しいCLIの内部と上で実装されたDNX(.NET Execution Environment)の機能と経験を持っていると考えました。私たちは、GitHubとTwitterの他の人々と一緒に、一緒に仕事をしているわけではないことを実感しました。

その目的は、変更がもう少しベーキングされるようにすることです。

クラウドコンピューティングの成長

GoogleがApigeeを6億2,500万ドルで買収

ラズベリーパイは1000万回の売り上げを記録し、「プレミアム」バンドルで賞賛します

アドビは、4年間の停滞後、NPAPI Flash for Linuxを再編