マイクロソフト、Windows Serverの新しいライセンスを提供

昨年の秋、マイクロソフトの役員は、Windows Server用の新たな独自のライセンス(BYOL)オプションの計画を約束し、間もなく詳細が来ると言った。

エンタープライズソフトウェア、Sweet SUSE! HPは、Linuxディストリビューションを支えるLinuxディストリビューション、Cloud、Twilioは新しいエンタープライズプランを展開し、CloudはIntel、Ericssonはメディア業界に重点を置くようにパートナーシップを拡大、XeroはBPay支払いのためにMacquarie Bankと提携

「すぐに」は、Microsoftの2016年2月の製品条件にアクセスできるユーザーのためのものです。

2月1日現在、ソフトウェアアシュアランスでカバーされているWindows Serverライセンスをご利用のユーザーは、Azure Hybrid Use(HUB)の利点を利用できるようになりました。

(ライセンス・スクール・UKの皆様、これに頭をお寄せいただきありがとうございます。)

マイクロソフトは、新しいHyper-Vコンテナ化技術とともに、Windows Server 2016にNano Serverモードを搭載することを確認しています。

HUBの利点は、ユーザーがWindows ServerなしでAzure仮想マシン(VM)を調達し、続いてWindows Serverライセンスを割り当てることが可能になります。 Windows Server Datacenterライセンスをお持ちのお客様は、ライセンススクールによると、オンプレミスVMとAzure VMの両方にこれらを割り当てることができます。標準ライセンスを持つユーザーは、オンプレミスまたはAzure VMのいずれかに展開することを選択する必要があります。

シングルプロセッサベースのWindows Serverライセンスにより、ユーザーはAzureの最大16コアでWindows Serverを使用できます。

マイクロソフトの関係者はまた、昨年、同社はWindows Enterpriseを使用している顧客にAzure上でWindows 10 Current Branch for Businessを実行させることを計画していると述べた。しかし、これまでのところ、マイクロソフトの役員は、いつ、どのようにこれを利用できるかについては言及していない。

MicrosoftはAzure上でWindows 7とWindows Vista 8.1を仮想マシンで実行できるようにしましたが、開発とテスト目的でのみ使用できました。

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

Twilio、新しいエンタープライズプランを発表

インテル、エリクソン、メディア業界に注力するためのパートナーシップを拡大

?Xero、BPAY支払いのためにMacquarie Bankと提携