マイクロソフト、Office 365 Home Premium加入者数200万人を突破

マイクロソフト社は、Office 365 Home Premiumの加入者数が200万人を超え、今年の5月には100万人から10月24日にかけて増加した。

クラウド;クラウドコンピューティングは一度に1つのAPI、エンタープライズソフトウェア、甘いSUSE! HPはLinuxディストリビューションを曇らせる、クラウド、Twilioは新しいエンタープライズプランをより敏捷性を約束する、クラウド、Intel、Ericssonがパートナーシップを拡大してメディア業界に注力

Office 365 Home Premiumは、MicrosoftのOfficeクライアントソフトウェアのサブスクリプションバージョンです。これは、純粋なソフトウェア会社ではなく、デバイスやサービスとして自らを再発明するという当社の使命の鍵です。

同社は1月29日にOffice 365 Home Premiumを開始しました。年間99.99ドルで、Office 365 Home Premiumを使用すると、最大5台のPCおよび/またはMacにOfficeクライアントアプリケーションをインストールできます。 1回限りのOffice 2013補完版を購入するのではなく、購読しているユーザーは、Office.comからサインインすることで、定期的な機能の更新と同期機能を利用することになっています。

Microsoft Office 365は、今年初めに公式に発表された年間稼働率15億ドルで稼動しています。今年の4月には、Office 365は10億ドルの稼働率でした。

Office 365 Home Premiumがマイクロソフトの新しいレポート構造のどこに位置しているのかは、Bing、MSN、ファーストパーティのビデオゲームとともに、「デバイスとサービス – その他」カテゴリに分類されます。 Office 365 Home Premiumの成長は、部分的には、新しいPCにOfficeがプリインストールされていることを意味する「Office Consumer」を犠牲にして発生しました(私は信じています)。オフィスコンシューマーは、新しい構造の異なるビジネスユニットの一部です。これは、「デバイスとサービス – ライセンス」に該当します。

マイクロソフトの第1四半期の第1四半期の利益は堅調で、売上高は185.3億ドルで、52.4億ドル(62セント)となった。エンタープライズ製品とサービスは、当四半期中に特に好調でした(通常どおり)。

クラウドコンピューティングの成長

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

Twilio、新しいエンタープライズプランを発表

インテル、エリクソン、メディア業界に注力するためのパートナーシップを拡大