マイクロソフト、Officeとサードパーティのストレージ統合を追加

マイクロソフトはサードパーティのクラウドストレージパートナーの多くが、さまざまな機能を備えたOfficeと新しいOutlook.comをより緊密に統合することを可能にしています。

今日のデジタルワークプレイスの構成原理は何ですか?エンタープライズソフトウェア、AppleがiWorkコラボレーション機能を提供する、コラボレーション、MicrosoftがSkypeのチームコラボレーション機能を強化してスラックを取る、モビリティ、ブラジル政府がWazeを禁止する可能性

1月27日、Microsoftは、ボックスに保存されたOffice Onlineドキュメントを発表しました。Citrix ShareFile、Dropbox、Egnyteは、Microsoft独自のOneDriveとSharePoint Onlineに保存されているOffice Onlineドキュメントが現在持っているのと同じリアルタイム共同編集機能を提供します。

マイクロソフトでは、サードパーティ製のクラウドストレージパートナーをiOS向けにOfficeと直接統合することも可能にしています。マイクロソフトでは、OneDriveとDropboxとのiOSとAndroid Officeの統合をすでに有効にしているため、ユーザーはOfficeアプリケーションからDropboxファイルにアクセスしたり、編集したり、共有することができます。

iOSとの統合のためにこのOfficeをサポートする他の第三者の1つは、現在利用可能なBoxです。 Citrix ShareFile、Edmodo、Egnyteは「近日公開予定」です。

マイクロソフトはまた、新しいOutlook.comに移行されたユーザーは、Dropbox、Box、OneDriveから受信トレイ内から直接ファイルを添付できることを約束している。これらのファイルは、従来の添付ファイルまたはクラウドベースのリンクとして送信できます。この統合は「今後数週間以内に」起こりますが、新しいOutlook.comのユーザーにとっても同じです。

マイクロソフトは、昨年、既存のOutlook.comユーザーを更新されたOutlook.comエクスペリエンスに移行する計画を発表した。しかし、まだ多くの人がこの時点で移行されていません。マイクロソフトの関係者は、昨年末、新しいOutlook.comへの移行が今年も継続すると言いました。移行の予定終了日があるかどうか尋ねました。これまでのところ、言葉は戻っていません。

今日のデジタルワークプレイスの構成原理は何ですか?

アップル、iWorkコラボレーション機能を提供

MicrosoftがSkypeのチームコラボレーション機能を強化してSlack

ブラジル政府がWazeを禁止する可能性