マイクロソフト、IEデベロッパーチャンネルブラウザを発表

Microsoftは6月16日、Internet Explorer(IE)Developer Channelブラウザの最初のバージョンとして、開発者とユーザーにダウンロードを提供している。

クラウドコンピューティングは1度に1つのAPIを成長させ、開発者はApigeeを6億2500万ドルで買収し、ハードウェアはラズベリーパイが1000万回の売上を上げ、プレミアムバンドルで賞賛し、セキュリティは4年間後にNPAPI FlashをLinux用に復活させるスタシス

Internet Explorer 11でWindows 7 Service Pack 1およびWindows 8.1 Updateユーザーが利用できるDeveloper Channelリリースは、IEの次のリリースで提供する予定の機能を早期に紹介します。

マイクロソフトの役員がIE Developer Channel

Internet Explorer Developer Channelは、開発中のInternet Explorerを覗き見ることができ、IE11と並行して実行することができ、IE11で好きなすべてのブラウザ機能と、現在作業中の最新のプラットフォーム機能を備えていますに。”

Google、Mozilla、Operaなどの他のブラウザベンダーは、すべて同じようなDeveloper Channelリリースを提供しています。

先月、Microsoftの関係者は、IEの次のバージョンで提供する予定の機能のいくつかを説明した(これはIE12と呼ばれるかもしれないし、そうでないかもしれないが、その名前だと思うだろう)。 「開発中」リストには、HTTP / 2、HTTPプロトコルの次のバージョン、Web Audio JavaScriptプログラミングインターフェイス、ローカルオーディオ/ビデオデバイスコントロール用のMedia Capture、ES6 Promises(より簡単で洗練された非同期プログラミングのための) 。

マイクロソフトは、現在のWeb標準と進化しているWeb標準に対するマイクロソフトのサポートの状況を示す、status.modern.ieサイトの今後の機能について計画を公表しました。

DC1は、Developer Channelブラウザの最初のリリースで知られているように、開発者を対象にしています。 DC1には、Developer Channelのよくある質問(FAQ)の文書によると、WebDriver、Gamepad、WebGL、およびF12開発ツールが含まれています。

DC1は仮想化されたリリースであり、MicrosoftのApp-Vクライアントを使用してIE 11とほぼ同時に動作します。これはFAQのメモとして「パフォーマンスの低下」を招く可能性があるため、このリリースを使用してサイトのパフォーマンスを測定することは推奨されません。また、FAQは、将来のDeveloper ChannelリリースでApp-Vクライアントを引き続き使用するかどうかについて、マイクロソフトの関係者がまだ決定していないこと、または公式に認めていることに気づいています。

IE Developer Channel 1のダウンロード可能なWindows 7バージョンはここに、Windows 8.1バージョンはここにあります。

クラウドコンピューティングの成長

GoogleがApigeeを6億2,500万ドルで買収

ラズベリーパイは1000万回の売り上げを記録し、「プレミアム」バンドルで賞賛します

アドビは、4年間の停滞後、NPAPI Flash for Linuxを再編