マイクロソフト、来るべきスーパーコンピューティングサービスパックのテスターに​​ベータ版を提供

5月2日、Microsoftは今後のWindows Server High Performance Computing(HPC)2008 R2プラットフォーム用の第2サービスパック(SP2)のベータ版をテスターに​​提供しました。

エンタープライズソフトウェア、?TechnologyOneは、農業、共同作業、現在のデジタルワークプレイスの構成原理は何ですか? HPEはLinuxディストリビューション、Enterpriseソフトウェア、Appleが9月13日にiOS 10をリリース、macOS Sierraを9月20日にリリース

HPC 2008 R2 SP2は、Google MapReduceとApache HadoopのMicrosoftと最も近い競合相手であるDryadの予定の配送車両です。 Dryadは、その存在の初期段階で、小規模クラスタから大規模データセンターまで、並列および分散プログラムを作成する方法の開発に専念するMicrosoft Researchプロジェクトでした。

今年の初め、マイクロソフトのテクニカルコンピューティンググループのビル・ヒルフ(Bill Hilf)ゼネラルマネージャーは、ドライアドがHPC 2008 R2 SP2に参加し、2011年末に向けて最終版を探すことを期待しています。

SP2のベータ版は、Connectダウンロードサイトで入手できます。このサイトには、HPCサーバーのクラスタであると思われる「HPC Pack 2008 R2」が含まれています。そのサイトから来るSP2 / HPC Packの成果物についての説明です

Microsoft HPC Pack 2008 R2ソフトウェアとWindows HPC Server 2008 R2 Suiteは、x64バージョンのWindows Server 2008およびWindows Server 2008 R2ならびにWindows 7クライアントをベースにしたクラスタベースのスーパーコンピューティングを可能にします。 Windows HPC Serverは、巨大な並列プログラム(計算流体力学、リザーバシミュレーション)と恥ずかしそうな並列プログラム(BLAST、モンテカルロシミュレーション)に使用できます。

HPC Pack 2008 R2ベースのシステムは、単一のヘッドノードと1つ以上の計算ノードを含むサーバーのクラスタです。ヘッドノードは、クラスタリソースへのすべてのアクセスを制御および仲介し、単一の管理ポイント、コンピューティングクラスタのジョブスケジューリング。セキュリティとアカウント管理に既存の企業のActive Directoryインフラストラクチャを活用しています。

SP2の機能の一覧は次のとおりです

Azure VMの役割をクラスタに追加する能力、AzureノードでMPIベースのジョブを実行する能力、Dryadを使用してデータ並列アプリケーションを作成および実行する能力、「ワークステーションノード」を専用のクラスタハードウェアとは異なるドメインにサポート; AzureノードでのAzure Connect(コードネーム「Sydney」)のサポート

このTechNetの記事には、HPC 2008 R2 SP2の詳細な機能一覧が掲載されています。

スーパーコンピューティング/ハイパフォーマンスコンピューティングの分野は、マイクロソフトがLinuxでこれを実行している分野です。

アップデート:5月2日のMicrosoftのreorg memoを介して学んだように、HPCチームは現在、Windows Azure組織の一員であり、クラウドをスーパーコンピュータに変えるという長期的な計画を考えれば理にかなっています。

?TechnologyOneは農業に6.2百万豪ドルを調印

今日のデジタルワークプレイスの構成原理は何ですか?

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

Appleは9月13日にiOS 10を、MacOS Sierraは9月20日にAppleをリリースする