マイクロソフト、新しいAzure Information Protectionの権利管理サービスの公開プレビューを発表

マイクロソフトは来月、セキュリティ情報を取得したAzure情報保護サービスの公開プレビューを予定している。

クラウド;クラウドコンピューティングは一度に1つのAPI、エンタープライズソフトウェア、甘いSUSE! HPはLinuxディストリビューションを曇らせる、クラウド、Twilioは新しいエンタープライズプランをより敏捷性を約束する、クラウド、Intel、Ericssonがパートナーシップを拡大してメディア業界に注力

マイクロソフトは2015年11月に約7,750万ドルの見積価格でSecure Islandsを購入しました。その時点で、マイクロソフトの関係者は、企業がクラウド、オンプレミスおよびモバイルデータのコンプライアンスおよび保護要件を満たすのを支援するために、セキュアアイランドのデータ分類およびラベリング技術をAzure Rights Management Service(RMS)に統合する予定だったと述べました。

今日、6月22日、マイクロソフトでは、Azure Information Protectionという新しいサービスの名称と公開予定の時期を発表しました。マイクロソフトはAzure情報保護をこの暦年後半に一般的に利用可能にする予定です。

Windowsやデバイスではこれで終わりはありません。しかし、マイクロソフトの将来は、財務および企業の優先事項が示すように、クラウドとサブスクリプションについてますます増えています。

マイクロソフトの関係者は、今後のAzure情報保護サービスは、エンタープライズモビリティスイートと同様に、マイクロソフトの「セキュリティに対するアイデンティティ主導のアプローチ」の一例だと語った。

Microsoftのブログ記事によると、新しいサービスは、ポリシーの作成や変更時にデータを分類、ラベル付け、保護するというものだ。これらの分類は、どこに格納されているか(クラウドまたはオンプレミス)、または格納されているモバイルデバイスの種類にかかわらず、データとともに移動します。新しいサービスには、Officeやその他の「一般的な」アプリケーションの権利管理機能も含まれます。

マイクロソフトの役員はまだAzure情報保護に関する価格設定やパッケージングの詳細を共有していません。それは新しいサービスの一般的な利用可能性に近いところで起こります。

今日のブログ記事によると

この言葉に基づいて、私はMicrosoftがAzure RMSをAzure Information Protectionに置き換えようとしているようだが、新しいサービスは一般的に利用可能だが、Microsoftの広報担当者はそのようなことを確認しないだろうと思う。

昨年、マイクロソフトはEnterprise Mobility Suiteにプレミアム版のRMSを導入し、同時にAdvanced Threat Analytics(Aorato買収からの技術)をバンドルに追加しました。

クラウドコンピューティングの成長

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

Twilio、新しいエンタープライズプランを発表

インテル、エリクソン、メディア業界に注力するためのパートナーシップを拡大