コストの削減と生産性の最大化

今のところマネージド・プリント・サービスのメリットはわかっていますが、ドックはビジネス・コミュニティにそのことを教えるためのあらゆる努力にまだ魅了されています。最新の記事はLouisville Business Journalのものです。

すべてのビジネスはそれらを持っていますが、生産性を最大限に高めることはほとんどありません。実際、多くの企業がそれらを悪用し、毎年何千ドルも無駄にしています。

複写機、プリンター、ファックス、スキャニング装置はビジネスの重要な要素です。典型的な会社は毎日何百もの文書を作成、印刷、スキャン、保管しています。

最近のハードウェアおよび消耗品製造業者の調査によると、オフィスの印刷では企業の年間収入の平均3%が消費されます。つまり、1000万ドルの企業が文書の出力に年間10万ドルから30万ドルの費用を費やしている可能性があります。

プリンターは、ビジネスのいたるところに散在しています。インクジェットはほぼすべての机の上または近くにあります。ほとんどの労働者は彼ら自身が持つ必要があると信じています。さらに、これらのマシンの多くは完全に信頼できるものとみなされ、ある従業員から次の従業員に引き渡されます。

この記事では、プリンタに関する問題、ビジネス戦略、お金と環境を節約する方法について説明します。著者は、

MPSアプローチを採用している企業は、運用コストを削減し、先進の技術で既存の資産を最適化し、エンドユーザーの満足度と生産性を向上させることができます。

また、IT担当者を戦略的に解放し、予算管理を強化することもできます。企業は経費を削減し、実際にはそれほど多くの費用を抑えることができます。最終結果は、現在および将来の両方において、最終的な利益に肯定的な影響を与える可能性があります。

Docに賢明な音。

Appleが新しいiPhoneをリリースしたときのAndroidの所有者の行動

あなたのiPhoneを安全に拭いて再販する方法

今、あなたはその道で何かを破壊するUSB​​スティックを買うことができます

iPhone、再販のためにあなたのiPhoneを安全に拭く方法、ハードウェア、その道のりで何かを破壊するUSB​​スティックを買うことができるようになりました;エンタープライズソフトウェア、Sweet SUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入