クラウドアイデンティティサービスとMicrosoft SharePointを統合するOkta

マイクロソフトのドキュメント管理/コラボレーションサーバーは、「モダンな」ルックアンドフィール、クラウドストレージ、ソーシャルネットワーキング、アプリ開発エコシステムを備えたより消費者向けの体験を提供するように改訂されました。

Oktaは、クラウドベースのID管理サービスをMicrosoft SharePoint Server 2010および2013と統合しています。

基本的に、IT管理者は、OktaのIDサービスを従業員と共にActive Directoryを使用する方法で使用することで、SharePointへの外部パートナーおよび顧客のアクセスを管理できます。

Oktaの担当者は、ハイブリッドクラウドアーキテクチャでは、オンプレミスの追加ディレクトリをインストールまたは管理する必要がないため、このアプローチにより「従業員以外を社内ディレクトリに追加する際のセキュリティリスク」が排除されることを強調しました。

SharePointの統合は、アカウント作成、自動プロビジョニング、アクセス制御、およびセッション管理に特化した一連の新しいAPIと一連のOktaの6月のリリースに続きます。

今週の取引は、Oktaが業界の提携やパートナーシップを強化することを続けている。

例えば、昨年の秋、Oktaは、Software-as-a-ServiceプロバイダーWorkdayと協力して、人事を中心にクラウドベースのIDライフサイクル管理サービスを開発しました。

?TechnologyOneは農業に6.2百万豪ドルを調印

今日のデジタルワークプレイスの構成原理は何ですか?

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

Appleは9月13日にiOS 10を、MacOS Sierraは9月20日にAppleをリリースする

エンタープライズソフトウェア、?TechnologyOneは、農業、共同作業、現在のデジタルワークプレイスの構成原理は何ですか? HPEはLinuxディストリビューション、Enterpriseソフトウェア、Appleが9月13日にiOS 10をリリース、macOS Sierraを9月20日にリリース