オラクルは、毎月オンデマンドのクラウド・インフラストラクチャ・サービスを追加しています

オラクルは、新しいオンデマンド・オプションの導入により、クラウド・サービス層のすべてを搭載したビジネス顧客をオンボードにするために、より多くのストップを撤回しています。

ハードウェアとソフトウェアの大手企業は、昨年10月にサンフランシスコで開かれたOracle OpenWorldで初めて導入されたインフラストラクチャとしてのサービス層に「オンデマンド」オプションを追加しています。

基本的に、企業顧客は、Oracle CloudのIaaSレイヤに接するデータセンターで、さまざまなOracle Engineering Systems(ExadataデータベースとExalyticsインメモリソリューション)を導入できます。

顧客は、社内のセットアップの代わりに、このプラットフォームをサードパーティのデータセンターに導入することもできます。

オラクルは、毎月の料金でこれを行うことができ、適切に処理能力を追加したり引いたりできるようになったことを提案しました。

Oracleのソフトウェア開発部門シニア・バイス・プレジデントであるJuan Loaiza氏は、このオプションがオラクルのエンジニアド・システムをオンプレミスに導入し、月額料金でファイアウォールの背後に展開することが初めてであることを誇りにして、彼は、顧客はピーク処理能力を「必要なときに」支払うだけだと付け加えた。

オラクルは、ハードウェア・リースのコストには時間の経過とともに変化する金利が含まれる一方、月額料金は公表される(したがって予測可能である)ため、このスキームは単純にハードウェアをリースすることとは異なると規定しています。

予算に敏感な人は細かいところを読むことが重要です。これは毎月の定期購読であるため、Oracleは「前払いの資本的支出」はないと主張しましたが、むしろ運用コストは「時間の経過とともに」広がります。

一部のカスタマーサポートサービスが含まれていますが、サブスクリプションには、Exadata、Exalogic、およびその他のOracleソフトウェア製品に必要なソフトウェアライセンス料も含まれていません。

さらに重要なのは、最低3年間の契約要件があることです。その期間が終了した時点で、お客様はハードウェアをキャンセルしてOracleに返却するか、4年目または5年目に四半期ごとに割引率で契約を延長することができます。

クラウドコンピューティングの成長

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

Twilio、新しいエンタープライズプランを発表

クラウド;クラウドコンピューティングは一度に1つのAPI、エンタープライズソフトウェア、甘いSUSE! HPはLinuxディストリビューションを曇らせる、クラウド、Twilioは新しいエンタープライズプランをより敏捷性を約束する、クラウド、Intel、Ericssonがパートナーシップを拡大してメディア業界に注力

インテル、エリクソン、メディア業界に注力するためのパートナーシップを拡大