オラクル、ソフトウェアの低迷を悪化させる

先週の悲劇の前に、Oracleの幹部は、第2四半期のソフトウェア売上高が第1四半期の結果と同様に8%から10%に低下すると予想していると述べた。しかし、オラクルの幹部らは、テロ攻撃を受けて、今月第2四半期のソフトウェア売上が15%も減少すると予想していると発表した。

ラリー・エリソンのオラクル最高経営責任者(CEO)は、ニューヨークとアナリストの最近の出来事を踏まえて、物事は回復しているとは考えていません。

オラクルの最高財務責任者(CFO)のジェフ・ヘンリー氏は、11月30日に終わる第2四半期の1株当たり利益は前年比で約11セントとなると予想している。

オラクルは先週、アナリスト予想を大幅に上回った利益を報告したが、第1四半期の収益は前年同期からわずかに減少した。同ソフトウェア会社は財務業績を発表したが、米国株式市場が再開した月曜日まで、アナリストとの電話会議を中断した。

オラクルの役員は、連邦政府への売上高が増加すると見ています。 J・P・モルガン・H&Qのアナリスト、ジム・ピックレル氏は、航空会社、銀行、ホテル、保険会社などの一部の業界は、先週の事件で激しい打撃を受け、ソフトウエアの支出が減ったと指摘した。

ピックレル氏は、「これは驚くべきことではないと確信しており、現実的な見通しについて確かな評価を得ている」と語った。「影響がどうなるかを知ることは非常に難しいが、

ヘンリー氏は予測が難しいが、2002年度の後半に経済が回復すると考えていると述べた。 「起こったことで(先週)遅れる可能性がある」と彼は語った。 「下半期には、より多くの利益成長を示すべきだ。

同データベースの第1四半期の利益は、5億1100万ドル(1株当たり9セント)で、昨年の利益は5億700万ドル(1株当たり8セント)だった。アナリストらは、First Callによると、平均利益は1株当たり8セントと予測していた。

8月31日に終了した第1四半期の売上高は、2000年の22億6000万ドルから今年の2億2,400万ドルへと約1%減少した。

全体的な第1四半期のソフトウェア売上高は、前年同期比で8%減少しました。データベースの売上高は8%減少し、米国の売上高は26%減少しました。アプリケーションの売上高は6%減少しました。サポートサービスからの収入は9%増加し、コンサルティング収入は4%減少し、教育収入は1%減少しました。

オラクル、クラウドベースの倉庫管理用のLogFireを取得

Oracle OpenWorldに目を向けよう

ビッグデータ分析、Oracleは、クラウドベースの倉庫管理用のLogFire、エンタープライズソフトウェア、アイ・オブ・オアアール・オープンワールド:エンタープライズソフトウェア、エンタープライズソフトウェア、Oracleデータベース12c R2:ブーム、バスト、またはメッシュアップグレードサイクル、クラウド、市場の勢いは、Oracle-NetSuiteの合併中に獲得することを目指す

オラクルのデータベース12c R2:ブーム、バスト、またはmehアップグレードサイクル

「Oracle NetSuiteの合併中に利益を得ることを目指す中期的な市場の勢いを掴む